女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/21(金)   CATEGORY: 心霊
心霊体験(その弐・感傷編)。
情けないことにギックリ腰がまだ治らない。

仕事が気になってたのもあって、週中に出勤したら・・
案の定のイタタタのぶり返し。
医者に止められたのに出勤したんだから自業自得。
逆に長引いちゃう結果になっちゃったことで、勤務先に
かえって迷惑かけちゃって、今かなりドツボ。
週末は気合入れて休まないと・・と自分に言い聞かせ中よ。

外は雨が降ったり止んだりしてる。
ちょっと肌寒いこんな日には、決まって思い出すことがある。
母が交通事故で亡くなってもう10年が経つ・・早いな。

ごく普通の出来事だったらおぼろげになる過去の記憶も、
この事故前後の記憶だけは、昨日のことのように鮮明。

当然事故に関わる問題や加害者、その刑に関しての疑問とかも
出てきちゃうんだけど、それはこの間からずっと保留にしてる
死刑に対しての考えと絡めて書きたいからまた後日に。

今日は何が書きたいかっていうと。

最愛の母が突然亡くなって、それも殺されたような形でね。
脳死の診断から5日目に力尽きた母。
やっぱり奇跡は起こらなかったよ。

ショックで悔しくて悲しくて寂しくて、本当に心細くてね。
そんないろんな感情が渦巻いて、もう頭の中ゴチャゴチャよ。

当然喪主は一人娘の私。
勿論喪主なんて初めてだし、勝手も全くわからない。
葬儀は?お寺は?お墓は?連絡するのは誰と誰?なんて
泣いてる暇も無いくらいバタバタしてたはずなのに、それでも
涙は止まらない、もう最後まで泣きっぱなし。

母が事故に遭った日。
こじらせた風邪を診てもらおうと早退してきて、家の玄関を
入った途端に鳴った電話がその自分がいくつもりだった病院。
それが交通事故の連絡だったから、もう自分の診察どころじゃ
なくなっちゃった。

人相が変わるくらい泣き腫らした目と火照った頬。
止まらない涙と鼻水、下がらない熱、咳。
そんな悲惨な状態で何とか葬儀まで済ませて、小さな箱に
収まった母を連れて家に戻ったのね。

居間に作った祭壇、母の遺影と白い箱。
お線香を立てて、あらためて手を合わせる。
もう二度と会えないのかと思うとまた涙が溢れてね。
あんなに泣いたのって生まれて初めてだし、涙って枯れる事は
無いんだなあなんて、ボンヤリした頭で考えてたっけ。


何か掛けなさい!  

風邪がひどくなるでしょ!  


いきなり左の耳元で聞こえた大声・・聞きなれた母の声。
ビックリして飛び起きて、キョロキョロしたけど誰も居ない。
それでも思わず母の姿を探しちゃったっけ。

目の前には微笑む母の遺影と白い箱があるだけ。


ああ、私いつのまにか泣きながら眠っちゃったんだ・・
風邪をひいてるのに薄着のまま眠っちゃった娘が心配だったんだ・・
もうその手で揺り起こされることもない・・
布団で寝なさい!とか言いながら毛布を掛けてくれることもない・・
昔から虚弱体質で沢山心配かけてきたもんね・・
だから心配でしょうがなくって起しにきてくれたんだね・・



絶対に空耳でも幻聴でもない。
しばらく左の耳がこだまするくらいの大声だったんだから。
四十九日が過ぎるまでは姿が無いだけで存在してるっていう。

これを霊体験っていうのかどうかはわからない。
ただ恐怖とか恐れなんていうものは全く無くて、切なくて
悲しくて、そしてありがとう。

あれから10年。
何度か夢には見たけどニコニコしてるだけ、声は聞こえない。
たまには出てきてよ、帰ってきてよ、声を聞かせてよ。


親孝行したい時には親はなし。



これってホントだよ。

じゃまた。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。