女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/14(金)   CATEGORY: 健康管理
痛さの程度・・陣痛=ギックリ腰かな。
暑い暑い。

エアコンの室外機から出る熱風、アスファルトとビルの
照り返しやらなにやら。
息をしている実感も無いし、もう言葉も出ないくらい。
まるでサウナか湯気たっぷりの風呂場を歩いてるような。

こんなに暑いのってこの4,5年?
夕方になるとちょっとだけ涼しい風が吹いてみたり・・
なんてもう遥か昔の記憶。

女将にはギックリ腰なんていう冴えない持病(?)がある。
完治はないし、もう何年付き合ってるんだろ。

元々は労災。
事務職でも、保険会社なんてモンは紙をたっぷり使うから
力仕事も多くてね。
台車に乗ったずっしり重い箱。
ワッセワッセと下ろしていたら、腰に激痛、動けなくなった。

それから1年に1回ペース。
それがこの何年かは2回・・もうサイテー。
予測不能、突然爆発してくれる。

別に重いものを運んだからとかじゃなくて、例えば冷蔵庫の
扉を開けた瞬間、洗濯機の底に手を伸ばした瞬間、本棚から
本を取ろうとした瞬間。

ある程度の予想がつけば、用心も覚悟もするんだけどさ。
不発弾が何かの拍子に爆発するような、そんな感じ。
普段の腰痛とはワケが違う。

まず歩けない、足が前に出ない。
立っていたら座れないし、座ったら立てない。
横になっても眠れない。
ちょっとでも動けば、腰から激痛が頭と足に向けて走る。
こんなのが大体1週間、徐々によくなるのを待つ。
飲み薬とシップ、頑丈なコルセットでガチガチに締める。
もう勘弁してよって感じ。

それがこの暑い中、昨日、よりにもよって勤務先で発症・・・
ちょうど忙しい日で早退も出来ず、何とか業務を終えて、
もう、息も絶え絶えで帰宅。

駅の階段は地獄。
電車の振動、タクシーの揺れは拷問。
全てが腰に響いてさ、もう痛すぎて声も出ない。
出るのは涙と鼻水だけ。

それでもね、まだ亀歩きでも先に進めただけでマシ。
ひどい時は救急車⇒担架のお世話にならざるをえない。

この痛みはねぇ、ホント、なってみて初めてわかるって
いうか、まあどんなに気丈な奴でも泣きが入ると思うわ。
痛みの程度を喩えれば、うーん、出産間際の陣痛並み?

よく女は出産を経験すると、恐いモンは無くなるとか言う。
まあ実際あの痛みもかなりのモンだけど、オトコには絶対
理解できないよね。

でもただの腰痛じゃなくて、本物のギックリ腰を経験した
オトコの方、腰と子宮で場所こそ違うけど、その痛みは
陣痛級なのよ、ついでに理解してくれる?(笑)

女将の中での痛みの程度は陣痛=ギックリ腰だもんね。

椎間板ヘルニア。
もうここまでくるともう手術なんていう外科的処置しか
ないらしいんだけどさ。
医者は完治するとはいえないから、無理して身体にメスを
入れずに上手に付き合っていきましょうなんて言う。

昔どうしても仕事を休めない時は、オシリを出して
尾底骨の隙間から注射してもらって何とか頑張ったけど、
あれってモルヒネ?麻酔薬?

ちょっと前に人気者の有名な司会者サンが腰の手術して
完治したけど、成功してよかったなって心から思う。
手術するまでの彼の痛みを想像すると気が遠くなりそう。
あそこまで耐え切って頑張れる人ってすごいよ。
実際はどんな人かなんで知らないけど、やっぱり根性が
違うんだろうな。

さあ、シップ取り替えなくちゃ。


今日は最愛の子供の誕生日だっていうのに、母はこの有様。
動かなくていいよ、ゆっくり寝てちゃんと治してね、なんて
言われると辛い・・
3連休だっていうのに何処にも行けない・・ごめんね。

特に目立つコじゃないけど、その優しさに感謝。
元気に、まっすぐに育ってくれて母は嬉しいよ。
生まれてくれてありがとう、そして誕生日おめでとう!


じゃまた。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。