女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/11/15(火)   CATEGORY: 拉致問題
憤りをはるかに越えてる。
飛行機のタラップを降りてくる5人。
北朝鮮に不当に拉致されていたあの方々のこと。
3年前のあの衝撃的なニュースが頭から離れないんだ。

え・・・ほんとに日本人?

申し訳ないけど、テレビで初めて彼らを見た時の、それが
正直な感想だったよ。
あたりまえだよね、人生の半分以上を外国で暮らしていたら
そういう雰囲気にもなっちゃうよ。

でもみるみる日本人らしさを取り戻し、今はご家族全員で
日本での新たな暮らしを築き上げていると聞く・・よかった。

そんなあたりまえ暮らしを、そんな何でもない平和な時間を
拉致という暴力、犯罪で奪われてしまったなんて。

私たちがこの日本という国で当然のようにぬくぬくと
暮らしている間、苦労を重ねて、まさに生き延びてこられた。
何も悪い事はしていないのに。

もし自分が言葉もわからない、そんなわけのわからない
国に突然暴力をもって有無を言わさず連れて行かれたとしたら?

   泣いても喚いても帰れない。

   誰も助けにきてくれない。

   肉親と連絡を取ることもできない。

そんな絶望のなか、果たして冷静でいられるだろうか。
否・・・私には無理だ、きっと。

信じたくないけど、まだまだ沢山の拉致被害者がいる。
絶対取り返さなくちゃ。

だけど何のための拉致?
自分の家族がさらわれたら半狂乱になるだろうに。
完全に頭おかしいよ、イカレてる。

日本人としてできることは何か?
人間としてやらなければならないことは何か?
それも理不尽極まりない事を喚きつづける滅茶苦茶な国相手に
どうしたらいい?

自分の人生を自分で選択できないことほど辛いことは無いよ。
自分で決めたことならどんな結果でも受け入れられる。
それを赤の他人に踏みにじられる・・・それも外国人だよ?

日本人って熱しやすくて冷めやすいじゃん。
恥ずかしくなるぐらいその時だけ大騒ぎしてさ。
マスコミの影響も多分にあるだろうけど。
情報操作やら証拠隠蔽なんてザラじゃん。

拉致問題、末端ながら限度はあるにしても自分のできる
範囲で応援してるよ、あくまで人間としてね。
この話はね、あまりにも深すぎて簡単には話しきれない。
今日はさわりだけ。

親御さんの気持ち考えると・・・ほんと辛いよ。

じゃまた。
スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
● 北朝鮮拉致事件
ブログ界の正論 2005/11/17(木) 11:54
叫び続けること 苦節28年、横田夫妻をはじめとした家族会の人々が、「情」と「理」を天秤にかけながら、彼らなりの「国益」を提案してきたことは、見落としてはならない功績であり、「ブログ界の正論」も、その功績の上に成り立つものに違いない。けれども、事件の全容解明  [続きを読む]
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。