女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/05/25(木)   CATEGORY: こだわり
恥とは何ぞや。
今日は朝からいい天気。
気持ちいいね~。
やっぱり5月はこうでなくっちゃね。

昨夜は仕事帰りに美容院に行ってヘアダイとカット。
台風みたいな雨と風、折角綺麗にしてもらっても
店を出た途端にボロボロ。
何か仕事帰りに寄る時はいつも雨。
ついてないな・・・もしかして日頃の行ない?
・・まあいっか。

大体2ヶ月ごとにカット、4ヶ月ごとにカラー。
もう同じ美容院で20年近くもお願いしてる。

とにかく髪の毛の量がハンパじゃない。
真っ黒で太くて、もう異常に多いんだよね。
白髪なんて無いし、一つに縛れば直径3センチ以上ある。
だからパーマなんて絶対無理、獅子舞みたいになっちゃう。

染めるにしたってまず色が入らないし、色見本の色が出ない。
普通の人が金髪になるような明るさの染料でやっと栗色。
もういい加減にしてくれって感じ、我が毛髪・・

人生の半分以上を前下がりのボブで過ごしてるんだから
もう完全に定番。
いい加減飽きてるけど、仕方ないから長さと色で変化をね。
たぶんこれからもずっとこの髪型のままだろうな。
白髪頭のボブ・・八墓村とかに出てきそうでちょっと怖い気も
するけどさ。

カットはいつも店長、もう完全に友人の域に突入。
店長に言わせると美容師人生25年の中で、1番2番を
行く毛量なんだって。
夏なんて地獄よ、ヘルメット被ってるのと同じでしょ、
だから店長しか手に負えないらしい(苦笑)。

ストレートのボブだし、確かにカットの腕がモロに出るから
私も他の人には絶対に頼めない。
店長に引退なんかされた日には路頭に迷うよ、マジで。

それにひきかえ配偶者はクルクルのクセ毛で白髪たっぷり。
とにかく細くて、ハゲじゃないけど可哀想なくらい少ない。
白髪はハゲないなんて嘘だと思う。

一時美容師になろうかと本気で考えた事もある私。
実はカットは趣味の一つだからさ。
夫と子供の髪は私が切ったり染めたりして楽しんでる。
年季が入ってる分、素人にしちゃ上々かも(笑)。


また脱線してる・・(汗)
何が言いたかったかって言うとさ。

顔なんかスッピンでも化粧バッチリでもいい。
身なりだって質素だろうがゴージャスだろうがいい。
髪型云々じゃなくってさ、とにかく清潔にしてそれなりに整える。

人前で化粧したり髪を梳かしたり。
食事の場やコーヒー店、電車の中にホテルのロビー。
若い子だけじゃなくって、いい加減分別のありそうな中年の
オバサンまで堂々とやってるもんね。

感覚的には外でタバコのポイ捨てや、ペッペッと唾だか痰だかを
吐きまくるオヤジと同じにしか見えないもん。

はっきり言って私はイヤだし、自分はしない。
正直拒絶反応も起きてるし、お近づきにもなりたくない。

若くたってやらない人はやらない。
育ちとか人間性とか、こういうところに出てくるんだよ。
恥ずかしいとかみっともないとか、自己意識の問題とはいえ
公共の場で自分がどう見えるかは認識した方がいいよね。
沁み付いた習慣って、なかなか変えられるもんじゃない。

結局は恥のかき捨てなんて無いってこと。
実際は自分の内面に恥の上塗りをしてるってこと。

もう我慢できない・・言ってもいい?
言っちゃうよ?

恥を知れ、恥を

じゃまた。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。