女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/04/08(土)   CATEGORY: こだわり
24時間じゃ足りないんだってば。
往復3時間。
これって私の通勤時間ね。

改めて考えるまでもないけど、1日って24時間しか無い。
そのうちの3時間、うーん、結構な割合を占めてる。
まあ自分で納得して勤めてるんだし、車通勤してた時以外は
電車通勤の時間は長いことが多いから、こんなことで今さら
不平不満をいうつもりはないんだけどさ。

その電車の中の長い時間をどう使うか。
今は本読んだり、携帯に取り込んだゲームで過ごしてる。

でも若い頃はひたすら長い通勤時間を勉強時間に充てた。
座れればいいけど、行きも帰りもまず座れないしさ。
ボーっとしてるのも逆に疲れるし、折角の自分だけの時間だし
とにかく有効活用しなくっちゃって思ったんだよね。

家に帰れば小さい子どもはいるし、帰宅時間は遅いし、とにかく
寝る時間を作るのが精一杯。
大体その頃は母子家庭なのに、きまぐれ全開!で無理して家まで
買っちゃったからさ。
とにかく必死で働かなくちゃ、この子は立派に育てなくちゃって
真剣そのもの、それだけの意気込みもあって鼻息荒かったな(笑)。

金融機関での正社員勤務、そこそこ知られた会社だったからさ、
勤続年数が増えるに連れてだんだん責任も重くなるし、知識も
含めて会社側の要求も大きくなる。
そんなこんなでたっぷりの資格試験受験を強いられる。

でもね。
時々書いてるけど、私ってきまぐれだし、それがたとえ会社でも
人から強制されて何かをやるって耐えられないんだな。
会社のやることなんて最初はお知らせ、次は任意、最後は強制。
だからどんどん、それこそ片っ端から受けまくった。
会社から強制されたら、さらっと平気な顔で言いたかったんだよね。
「はい?もう受かってますが?」とか(笑)。

ただ問題は自慢できるほどの頭脳が無いってことでさ。
それこそ死に物狂い、必死だったよ。

その死に物狂いを混んだ電車の中、それも車両の継ぎ目でやってた。
短時間集中。
これは効果絶大、経験者か言うんだから間違いないよ。

限られた時間をどう使うかなんてさ、かの国でもないんだから
我が国日本では全くの自由じゃん。
誰に文句言われる訳じゃないし、本人の勝手。
疲れて眠ければ寝てればいいし、遊びたければ遊べばいいし。
お金が欲しかったらバイトでも何でもやってガンガン働けばいい。
ボーっとしてたって、そういう何もしない時間が必要な時だって
ある。

ただメリハリっていうか、切り替えは絶対に必要なんだよね。
いつまでも無気力はイカン。
本人もダメになるし、家族も含めて周りが迷惑。

時間は止まらないし、待ってもくれないってこと、頭の隅っこにでも
置いておかないとさ、あとで激しく後悔!なんてこともありだし。
気が付いた時には遅すぎたとか、あとの祭りとか。
自由の代償はあまりにも大きいってことなんだよね。
ホント言っちゃうと私にもそれなりに後悔もあるしさ。

誰でも生まれた瞬間から死に向かって歩いてるわけじゃん。
どんなことでも、やっぱり人生を決めるのは自分自身なわけだしさ。

最後に言い古されてる、私の大好きな言葉(笑)を。

「いつまでもあると思うな親と金」

じゃまた。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。