女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/11/14(月)   CATEGORY: 介護
介護から見えてくること。
介護問題って難しいよね。

贅沢は敵だ!とか言われた時代を過ごした年代。
食うや食わずどころか、命からがらで生き延びた悲惨な戦争体験を
持つ世代。

極端にいえばさ、日本の土台を築いてきた年代が介護される側に
廻りつつあるわけでしょ。
当然頑強な自信もあるだろうし、ある意味我儘でもあるだろうし。
そういう世代を相手にするのって大変だと思うよ。

悪口じゃないんだ、そこんとこ誤解の無いように言っとくけど。

苦労してる分、我慢してきた分、弾けると歯止めの利かない我儘に
なっちゃったりとかね。
自分で訳わかんないこと言ってるなって自覚していても、どうしても
止まらないとかさ。
そんな意地やプライドを持った人達を潰しちゃいけないと思うんだ。
だって自分たちより目上じゃん?

今のこのぬるま湯みたいな世の中で、自分のことばっかり考える
人間の多い中で、本当の介護なんてできるんだろうかと疑問。

ん?私?

老人介護の経験は無いんだ、でもかなり若いうちから病人介護は
してきてる。
初めての下の世話、13歳だったかな。
それからずっとだから病人介護にはちょっとばかり自信ありかな。

そこで理解したこと、問題は気持ち。
ただ世話をするだけだったら専門の人で済むわけよ。
大事なのは病人の心と気持ちをどうやって理解するかなの。

例えばプライドなんかが邪魔して口に出せない望みとかをいかに
読み取ることができるか?なんだよね。

病気とかすると心が弱くなるし、今まで健康という自信で隠して
きたというか、本人も自覚していなかったような性格が出てきたり
して、まわりはびっくりしちゃったりとかね。
でもそこで遠巻きにしちゃうと・・アウト。

介護される方もする方もどんどん誤解という壁を積み上げちゃって
両方とも孤独になっちゃうんだ、何で解ってくれないの?って。

だから簡単に介護とか言いたくないんだ。
勿論素晴らしい信念のもとに立派に介護のできる人もいるよ。
でもそれってほんの一握りの話だと思う。
だって自分を含めて身内の問題になったら想像以上に重いよ。

要は順番なんだよね。
いずれ自分も介護される側になる時がくる。
見せ掛けの優しさや言葉はいらないんだ。

偉そうなことを言っちゃったけどね、親を亡くして気が付いたこと、
後悔したことがいっぱいありすぎてね。
だからこそじっくり考えていこうと思ってるんだ、介護の奥の奥。

自分がされてイヤな事は人だってイヤなんだよ。
こんな簡単なことが実はとっても難しいんだ。
修行だ修行!

じゃまた。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。