女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/25(月)   CATEGORY: 趣味
車⇒自転車⇒原付バイクまでの軌跡。
原付バイクを買う。
今日見に行った店で決めてきたから、来週には手元に来る。

生まれてから一度だけ、ほんの30メートルばかりかな・・
トロトロと走らせてみたことがある。
もちろん借りて、ね。
それも20代前半のことだから、一体もういつの話よ(苦笑)。
走った記憶はあるけど、実感なんて何にも残ってないくらい。

車の免許は24歳で取ったけど、今じゃ遅すぎるくらいだよね。
でも驚くなかれ、自転車にまともに乗ったのはもっとあとで
何と26歳(!)なんだってば。

運動神経の鈍い子どもだったし、親は超の付くほどの過保護。
とにかく自転車なるモンに乗ったのははるか昔の子どもの頃だけ。
それも「自宅庭限定」で補助輪付き。
「おまえには無理」そう刷り込まれて育ったたせいか、乗りたいとも
思わなかったんだよね、自転車って。


子どもが産まれて、必要にせまられて乗り出した自転車。
まず乗れないだろうな、大人用の三輪車(爆)にしようかな、
なんて真剣に考えた。

自転車店で買ったはいいけど、乗れないから広い公園まで押して。
店のオジサンは不思議そうに「何で乗ってかないの?」って。
「乗れないからこれから練習するの。もし乗れるようだったら
帰りに子供用の椅子を買いにきます!」

意外にも一度も転ばずにあっさり乗れて、もっと早く乗れば
よかったなと思ったっけ。


そんな自分がまさか今さら原付バイクに乗ってみようなんてさ。
それも見に行った店で即決。
同行した家族はもう目をシロクロ。

うわ、、アクセル右手?
私ギッチョなんだけどな。
左手にアクセルなんていうのは無いの?


こんなこと真顔で店長に言って笑われてさ。
それでも興味が先走ってたから、まあ何とかなるだろ、みたいな感じ。

だけど家族ときたら・・もう言いたい放題。

本当に乗るの?
やめとけ危ない!
似合わないよ?
何を今さら。

何とでも言え!
好奇心を失ったらオシマイよ?
チャレンジ精神も必要よ?
楽しみが増えるのはいいことよ?

興味がわいたら何でもやってみる。
合わなかったらやめればいい。

ずっとこうやって生きてきたんだもん。
いいじゃん、ほっといてよ。
何とかなるでしょ、練習するし。


・・・でもほんとはちょっと心配なんだけどね(笑)。


じゃまた。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2006/09/10(日)   CATEGORY: 仕事
専業主婦恐怖症。
今まで大して気に留めてなかったのに、妙に気になることって無い?

何でそんなに無理して働くの?
何であんなに遠くまで通勤してるの?
前みたいな収入じゃないんでしょ、バカらしくない?
若い子と一緒でキツくないの?
もう世帯主じゃないんだからラクしたら?

なぁんてさ。
考えてみたら結構あちこちで言われるんだよね。

でもね。
これ、はっきり言って騒音。
余計なお世話、ほっといて!って感じ。


最近確かにあちこちガタはきてる・・健康の為とは言い難いかな。
生活は豊かとは言えないかも・・でも生活の為だけとも言い難いな。


過去3年間だけやってみた専業主婦。
メリハリも時間制限も無い生活に憧れたこともあったけど、
ラクなのは身体、苦痛一直線の精神(こころ)。

退職⇒無職・専業主婦⇒鬱々⇒人格崩壊寸前(の恐怖)。

そんなワケで専業主婦脱出⇒有職主婦。
自分の中ではまさに危機一髪、間一髪。
後ろ向きに落ちるような恐怖から逃げ出したんだよね。

ただね。
精神的には完全に生き返ったけど、あまりの体力低下に愕然。
これがもう想像以上で大ショックなのよ。
今まで気にならなかったことが気になるのもそのせいなのかな。


遅かれ早かれリタイアする時は必ずくる。

引き際は潔く

そうは決めてるけど、実際どうなることやらね。
心の準備だけはしとかなくちゃと思ってるけど。
退職後に一気に腑抜け!なんてなりたくないモンね。

でもホントはまだ真剣に考えたくないんだ、そんな悲しいこと(笑)。


じゃまた。
CO*0 ] page top
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。