女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/05/27(土)   CATEGORY: 不倫・恋愛
ナンパに遭ったら・・傾向と対策。
最近帰宅が遅め。
個人的な用事で仕事を休んだツケもあるし、なかなか
会えなかった友人達と何故か約束が続いたりして。

とにかく夜の9時半とか10時とかに最寄駅に着く。
普段は8時頃には帰ってるから、主婦の帰宅時間としては
かなり遅いかもっていう感じ。

その日(24日)は10時に最寄駅に着いたけど雨。
ここから家までは8分、買物とバッグで両手は塞がり、
結構な重さもあるから、両手で傘を持ってトボトボ。

さすがに疲れてたし、荷物は重いし、雨風を少しでも
避けたい。
家はもうすぐ、背筋を伸ばしてしっかり歩くなんて
気持ちはどっかに吹っ飛んじゃってる。
たぶん、いや絶対にオバサン歩きをしてたはず。

さあその銀行の角を曲がったらウチ・・っていうところで
後ろから聞こえていた足音がいきなり早くなって前に人が。
物騒な世の中、真っ先にもしかしてひったくり??
さすがの女将もギョッとしたわけ。


そしたら目の前にいるのはどうみても若者。

「あの・・駅で見かけてついてきちゃいました。タイプなんです・・
 時間、ありませんか?もしよかったら食事でも・・」

「は??私に言ってるの??」

「はい、あの・・すみません・・よかったら・・」

目はテン、仰天。
でも思わずその若者の手元に目が。
刃物とか危ないモノ持ってない?

家はすぐそこ、荷物を放り出して走るか?
いや、絶対追いつかれる!
刺激したらマズイ!
刃物が出たらヤバイ!
携帯はバッグの中!
うっわー、どうしよう!

頭の中は完全にパニック状態。
通りは広いけど、人通りは殆ど無い雨の夜。
車も殆ど走って無い。
携帯出したくてもバッグの中。

焦りまくってる私の口から出た言葉。

「・・・あなた、おいくつ?」

ギャー!私何言ってんだろ~!

「ボクですか?27です・・ダメですか?」

トシ聞いた途端よし、勝てる!なんて(笑)。

「ウチの子供と大して変わらないわよ?」

「え?そうなんですか?でも・・」

「もう息子が迎えに出てくると思うけど」

「携帯かメアドだけでも教えてもらえませんか?」

「悪いけど」

「わかりました・・」

何だ?コイツ??
アンタ、目と気は確か?
しっかりせい!若者。
こちとらオバサン、認めたくないけどさ(涙)。
若い時代ははるか昔に過ぎ去ってるわい!


若者が来た道を戻って行くのを見届けて、ウチまで猛ダッシュ。
久しぶりに真剣に走っちゃったわよ。
荷物もバッグもずぶぬれ、玄関入って改めてドキドキ。


家族は最初大笑い、冗談じゃない。

で、一喝!

あんたら男だからこういう恐怖、わかんないだろうけどさ。
一応あんたらの妻であり母であり、何たってこの家のボスよ!?
物騒な世の中、泥棒や変質者に当たってたらトシ関係無いのよ?
何かあったらもう笑ってすまされないのよ?
バッカモーン!

やっと真面目に受け止めたらしい夫と子供。
今更慌てても遅いんだってば。
・・・っていうか、私が怖いのか?(笑)

でも何やら防犯グッズを買ってくれるんだってさ。
催涙スプレーとかがいいかな、やっぱり。

あー疲れた。

じゃまた。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/25(木)   CATEGORY: こだわり
恥とは何ぞや。
今日は朝からいい天気。
気持ちいいね~。
やっぱり5月はこうでなくっちゃね。

昨夜は仕事帰りに美容院に行ってヘアダイとカット。
台風みたいな雨と風、折角綺麗にしてもらっても
店を出た途端にボロボロ。
何か仕事帰りに寄る時はいつも雨。
ついてないな・・・もしかして日頃の行ない?
・・まあいっか。

大体2ヶ月ごとにカット、4ヶ月ごとにカラー。
もう同じ美容院で20年近くもお願いしてる。

とにかく髪の毛の量がハンパじゃない。
真っ黒で太くて、もう異常に多いんだよね。
白髪なんて無いし、一つに縛れば直径3センチ以上ある。
だからパーマなんて絶対無理、獅子舞みたいになっちゃう。

染めるにしたってまず色が入らないし、色見本の色が出ない。
普通の人が金髪になるような明るさの染料でやっと栗色。
もういい加減にしてくれって感じ、我が毛髪・・

人生の半分以上を前下がりのボブで過ごしてるんだから
もう完全に定番。
いい加減飽きてるけど、仕方ないから長さと色で変化をね。
たぶんこれからもずっとこの髪型のままだろうな。
白髪頭のボブ・・八墓村とかに出てきそうでちょっと怖い気も
するけどさ。

カットはいつも店長、もう完全に友人の域に突入。
店長に言わせると美容師人生25年の中で、1番2番を
行く毛量なんだって。
夏なんて地獄よ、ヘルメット被ってるのと同じでしょ、
だから店長しか手に負えないらしい(苦笑)。

ストレートのボブだし、確かにカットの腕がモロに出るから
私も他の人には絶対に頼めない。
店長に引退なんかされた日には路頭に迷うよ、マジで。

それにひきかえ配偶者はクルクルのクセ毛で白髪たっぷり。
とにかく細くて、ハゲじゃないけど可哀想なくらい少ない。
白髪はハゲないなんて嘘だと思う。

一時美容師になろうかと本気で考えた事もある私。
実はカットは趣味の一つだからさ。
夫と子供の髪は私が切ったり染めたりして楽しんでる。
年季が入ってる分、素人にしちゃ上々かも(笑)。


また脱線してる・・(汗)
何が言いたかったかって言うとさ。

顔なんかスッピンでも化粧バッチリでもいい。
身なりだって質素だろうがゴージャスだろうがいい。
髪型云々じゃなくってさ、とにかく清潔にしてそれなりに整える。

人前で化粧したり髪を梳かしたり。
食事の場やコーヒー店、電車の中にホテルのロビー。
若い子だけじゃなくって、いい加減分別のありそうな中年の
オバサンまで堂々とやってるもんね。

感覚的には外でタバコのポイ捨てや、ペッペッと唾だか痰だかを
吐きまくるオヤジと同じにしか見えないもん。

はっきり言って私はイヤだし、自分はしない。
正直拒絶反応も起きてるし、お近づきにもなりたくない。

若くたってやらない人はやらない。
育ちとか人間性とか、こういうところに出てくるんだよ。
恥ずかしいとかみっともないとか、自己意識の問題とはいえ
公共の場で自分がどう見えるかは認識した方がいいよね。
沁み付いた習慣って、なかなか変えられるもんじゃない。

結局は恥のかき捨てなんて無いってこと。
実際は自分の内面に恥の上塗りをしてるってこと。

もう我慢できない・・言ってもいい?
言っちゃうよ?

恥を知れ、恥を

じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/23(火)   CATEGORY: こだわり
スッピン目玉と本音の関係。
ちょっと・・まあかなり考えたんだけど、思い切って
スッピン目玉デビューしちゃった。
ちょっと気色悪い・・かもね~。
我乍ら何やっとんじゃい!とも思ったけどさ(笑)、
ま、いいじゃん。

スッピン=本音(素)の証ってことで。

ただのジョークよ、ジョーク。

素(す)の自分で居る、居続けるって結構難しいよね。

このブログも本音丸出し(剥き出し)の、素の自分
書きたくて始めたんだけど。
でもさ、頭の中であれもこれもと思っても、実際は
なかなか上手く表わせないんだよね。
もうジタバタするくらいじれったい。
・・・って要は文章力と表現力が不足(苦笑)。
文章書くのも読むのも大好きなんだけどさ。

大体いつもココも勢いで書いちゃって、そのままポン。
あっさりしたモンよ、全く見直さないんだから。

でもごくたまにだけど、誤字脱字なんかが妙に
気になっちゃう時もある。
とにかく一度書いたものの読み直し⇒修正はすっごくヤバイ
もう支離滅裂でワケワカメ一直線・・

人にもよるだろうけど、私はとにかく一度ワ~~ッと
書いた文章はそのままにしてこそが

書いたものを読み直そうものなら、どこかにムクムクと
もうちょっと直そうかなとか、ちょっとヘン?なんていう
見栄だかカッコつけだかの意識が出ちゃうらしい。

あちこちさわってると、文章はだんだん服を着て、最後は
化粧までしちゃったみたいになっちゃうんだよね。
言いたいこと、書きたいことの焦点が確実にぼやける。
これじゃ全然意味無いじゃん。

とにかく本音で書こうと思ったら文法なんて二の次三の次。
誤字脱字や推敲なんて・・正直しなくたっていいとも思う。

でも入試やら学校のテスト、就職試験なんかの志望理由とか
文章を書かなくちゃいけない場面も多いよね。
こういうのは最低限の文法も必要だけど、自分らしさ優先よ。
いくら文章が完璧でも没個性はダメダメ。
血の通ってない文章ほど読んでつまらないものはないんだから。
言い換えれば、そんな文章を書く人間はつまらないヤツにしか
見えないものなのよね。

文章が苦手っていうなら、とにかくまず何も考えないで
書きなぐっちゃえばいいんだ。
長文が苦手だったら、まず箇条書きしてあとからペタペタ
くっ付けるのも一つの手。

極端すぎる?

っていうか、何かすごく脱線してるかも(笑)。
ま、デビュー記念ってことで見逃してよ。

じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/20(土)   CATEGORY: 健康管理
心身疲労はポイッとね。
すごく待ち遠しかったこの土日。

伯父の葬儀やら何やらで多忙を極めた今週。
火曜・水曜の葬儀、でもその前後の勤務は休めないしで
考えてみれば久しぶりに心身ともに疲労困憊

精神的に疲れたり、身体的にくたびれ果てたり。
いつもどっちかをしょってるような気もするけど、
最近頻繁だった体調不良は身体的な疲労ばかりを増幅。
ま、この土日はしっかり休まなくちゃ・・とは思っても
またきっと積もり積もった雑用と家事に追われる予感(涙)。

元々があんまり悩んだり鬱になったりしない性分。
これ、たぶん前にも書いてると思うけど。
とにかくグズグズ考えて悩むのは苦手、っていうか嫌い。
悩んで苦しんでもがいて、その先に光が見えるならいいけど
そうじゃなかったら疲れるだけだし、時間の無駄。

どうにもならないことは潔く諦めるかさっさと捨てるか。
そこで踏ん張るのはかなりキツイけど、踏ん張りきれれば
不思議なことにまた別の道が開けるってモンよ。

八方ふさがりに思えたって、絶対どこかに道はある。
本当に道が無くたって、見方や考え方の角度をちょっとだけ
変えてみれば、死角になって見えなかった抜け道が見えたりね。

一箇所で足踏みしてたり丸まってるだけなんてダメダメ。
進歩なさすぎ。
それこそ干からびてミイラになっちゃうって。

4月5月って環境の激変で心身ともにおかしくなりやすいからさ。
こりゃヤバイなって思ったら、大の字に寝て目を閉じて深呼吸
新人諸君(いや旧人も)、力を抜くことも必要なんだからね。


そんなこと言ってる私にもそれなりに悩みの種はある。
ただその種は芽を出してはいるけど、心の中に根付いては
いないし、根付かせるつもりは絶対無いんだよね。
根付いたらそれこそいつも悩んでなくちゃならないじゃん。
何とかしなくちゃで只今明るく模索中。

その種の中味?
何を隠そう何年か前に再婚した我が配偶者。
悪いヤツじゃないけどダメなヤツ。
やっぱり合わないんだろうな、根本的に。
言い方変えれば私に男を見る目が無かったってことサ。

今時珍しい5人兄弟でもまれて育った男。
一人娘で競争とは無縁で育った女。

育った環境が違うとこんなにも・・の典型かもね。

ま、ヤツの話は次回にでも書くわ。
自分のバカさ加減にほとほと愛想が尽きかけてる。
相手のバカさ加減にも呆れ果ててる。

う~ん、次のテーマにちょうどいいかも(苦笑)。

じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/16(火)   CATEGORY: こだわり
「ら」抜き言葉の怪。
今日はお通夜、明日は告別式に出る。
心にぽっかり穴が開いちゃったような気分の今。

年齢が高くなると、どうしても祝より弔が増える悲しさ。
順番と解ってはいても、親族や知人がいなくなるのは
本当に寂しいね。

ほんの数日前に近しい(親しい)親戚の伯父が亡くなった。
長患いもしてたし、ちょっと前にお見舞いにもいって
顔も見られたしで、覚悟はしてたつもりだったんだけど
本当にもう二度と会えないのかと思うと寂しくてさ。

それもあって今日はね、初めて時間指定投稿?使ってみた。

若い頃は一人でも生きていける!なんて思ったりも
したけど、そんなの無理無理。

でも何かあったら?

生きていれば病気もするし怪我もする。
落ち込む時だってあるし、嬉しさを誰かに聞いて
欲しい時もある。
盗難にあったり、突然の事故や災害で住むところが
なくなっちゃたりとか。
どんなに頑張ってたって、どんなに強気で生きてたって
強がりも見栄も全部捨てなくちゃならない状況に陥る
ことはありうるんだから。

そんな時って絶対誰かの顔を思い浮かべるよね。
親や兄弟、家族や親戚、仲のいい友人とかさ。

人間なんて結局は無意識のうちに、たとえそれが精神的な
ものだけであっても、頼って頼られて生きてるんだと思うよ。

あ、ちょっと脱線気味だな(笑)。
何が言いたいかっていうと。

ごく普通の日常会話や雑誌の記事なんかで、どうしても
気になるのが「ら」抜き言葉。

見れる、食べれる、出れる、着れる・・

世間一般には認知されてるみたいだよね。
メディアに登場する結構な著名人の口からもサラッと
出るし、実際私の周りの友人や勤務先の会話でも
普通に聞こえてくる。

「ら抜きは日本語ではない。乱れている。嘆かわしい」
ある国語学者サンは嘆く。

昔の人、特に戦前戦後生まれに「ら」抜き言葉に抵抗
覚える人が多いのも事実だよね。
戦前生まれの親から生まれた私もその一人かも。
まあ抵抗ってうより、何か耳に目に引っ掛かるっていうか。

でもさ、説教ババァじゃあるまいし、こんなに浸透した
言葉遣いに今更文句をいうつもりはないし、そんなの使う
個人の勝手だからどうでもいいんだけどさ。

ただ、私は使わないし話さないってだけのこと。

だから私の子どももそんなもんだと思ってるし、ちゃんと
「ら」を入れてるみたいね。
それでも小さい頃はどっちを使えばいいのか判らなくて
かなり混乱してたみたいだけどさ(笑)。

一応参考までに国語学者サンの言う正当な使い方とその判断を。
「ら」を入れるのが基本の言葉は命令形になる言葉。

見ろ!食べろ!出ろ!着ろ! みたいなね。

見れるは見られる
食べれるは食べられる
出れるは出られる
着れるは着られる


戦前生まれの伯父。
かくいう正確・正当な日本語を使うしきたり重視の
昔ながらの日本人が亡くなって
ちょっと書いてみたくなった「ら」抜きの怪。

ま、私も古い人間になりつつあるってことサ(涙)。

じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/13(土)   CATEGORY: 趣味
食器洗い機への抵抗。
もしかしてもう梅雨?
雨ばっかりじゃいい加減やんなっちゃうぜぃ。
今は一応主婦もやってるし、週末も雨じゃ困る。
しゃーない、明日は洗っただけの大量の洗濯物、
コインランドリーの乾燥機に放り込むしかないか。
シーツやら綿毛布やらの大物最優先ってことでね。

私んちに乾燥機なんて洒落たモノは無い。
今の洗濯機が壊れたら、乾燥機付き斜めドラムを買おう!
そう決めてから随分経つんだけど、どういうわけか
洗濯機と冷蔵庫だけはいつも大当たりで超長持ち。

洗濯機君よ、頑張ってくれるのはありがたいけどさ、
モノをなかなか捨てられない世代に育てられた身としては
やっぱり元気に動く君を処分するなんてできないんだよなあ。

考えてみれば、もう電気製品無しの生活って出来ないなあ。
最近じゃ何気に使ってるパソコン。
家族それぞれが持ってるし、プリンターも然り。
そのプリンターだって4台目?
壊れたのもあるし、買い増しもあるしで今は複合機。
当然スキャナーは不要になっちゃってさ、誰か欲しい友人にでも
あげようと思ってる。

デジカメも2台目、これも壊れた訳じゃなくて買い増し。
ついでにデジカメ専用プリンターなんかも買っちゃって。
どこまでエスカレートするんだろ、ほんとに。

でも。
一つだけ絶対欲しくないモノがある。
くれるって言われても、たぶん要らないっていうモノ。
それって食器洗い機なんだけど。
ヘン?

お皿はピカピカになるしとか、まとめて洗えて便利とか
まあ、いいことは沢山聞こえてくるんだけどさ。
何か抵抗があるのよね。

朝は早いし帰りは遅いしのフルタイム。
楽したいとか、睡眠時間がもっと欲しいとか、食事作りに
手抜きしたいとか、いっつも思ってるのに何でだろうね。
家族は「ラクだからいい加減買えば?」なんていうけど
そう言われるとよけい必要無し!とか思う私って、
もしかしてこれってただの天邪鬼?

いやいや、そんなことはない(たぶん)。
そう、これはきっとこだわり(笑)。
うーん、何ていい響きなの。

家事はあんまり好きじゃないし、得意でもない。
でも汚れた食器、それをスポンジに洗剤ブクブクで
ピカピカにするのが好き。
鍋釜ゴシゴシも好き。

この作業で家事を実感してるのかも。
きっとそれだけのことなんだろうな、たぶんね。

電化良し。
便利な暮らし良し。
水面下で計画中の家の建て替え・・・現実になったら
オール電化の最後の障害、食器洗い機・・・

さてどうなる?
さてどうする?自分。

じゃまた。
CO*0 ] page top
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。