女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/02/11(土)   CATEGORY: 友人
親友、戦友、素晴らしき友。
友人、知人。
これだけ生きてくると、それなりの人数もいる。

知り合って何年経っていたとしても、ずっと知人の範囲に
納まったままの人もいれば、妙に気が合ってすぐ個人的な
付き合いになる人もいる。
個人的な付き合いからもっと深く、お互いのプライバシーを
公開できるほど親しくなっていく人もいる。
だからといって、その人たちが全部親友かというとそれは否。

友人の範囲って広くて曖昧。
よく聞く話だけど、勘違いもいいトコ。

・親友だったはずなのに裏切られた
・親友だと思っていたのに相手にはそう思われていなかった
・親友のくせに何でわかってくれないのか
・親友だと思ってたけど何か違う

ふう。

そもそも親友って何だろうね。

いつも一緒に行動するから?
何でも話せるから?
同じ考え方をするから?
自分の思い通りに動いてくれるから?
自分のすることに反対しないから?

仲がいいから親友、喧嘩しないから親友、相談できるから親友。
そういう意味だけで友人を親友と呼ぶなら、簡単だね。
もしかしたら、私をそう思ってる人もいるだろうな。

でも一番イヤなのは「私(俺)たち、親友だよね?」って
言葉に出して確認すること。

すごく寂しいよ、それ。

そんなに軽く親友なんて言って欲しくないし、大体確認する
こと自体がおかしい。
言葉に出して確認しなくちゃ相手が信じられないなんてさ。
やめとけ、って感じ。
そんな上っ面だけの、薄っぺらい親友関係なんていらない。

じゃ親友って一体なによ?って話だけど。

・相手に何かあった時、冷静に判断・助言・支援ができるか
・相手の置かれた立場と環境を踏まえた上で、相手の身になって考えられるか
・損得・欲得無しで相手を支えられるか
・間違いや誤りをきちんと指摘できるか
・自分の判断に自信を持って相手を受け止められるか

これはあくまで私の中での親友の基準。
人によって尺度は違うし、自分の考えが絶対正しいなんて
思ってないから、押し付けるつもりも、否定するつもりも
ないよ、勿論。

こんなに難しく考えちゃったら、人生の中で親友と
呼べる友に何人巡り合えるか。

極端に言えば、逆境に立った時に相手が、そして自分の
相手に対する思いの深さがわかるんだよね。

よく言われることだけど、やっぱり友人は財産だと思うよ。
お金では手に入らないからこそ本当の意味での財産なんだ。

親友を手に入れたかったら、まず自分を見つめること。
自分磨きを忘れちゃったり、怠ったりしたらまず無理だね。
他人同士が理解し合うこと自体が難しいんだから。

幸いというか、親友と呼べる友人が2人いる。
何かあった時に助け合える友人も何人かいる。
そういう意味では本当にラッキーだと思ってるんだ。

最後に。
最近出会ったばかりなんだけど、大事な友人がいる。
彼女は私にとって一種の戦友。
戦友なんていうとちょっと物騒だけど、あとにも先にも
もう現われないだろうな、と思えるほどの存在感。
心の琴線が弾けんばかりに鳴り続けてるのがすごいんだ。
衝撃的な出会い、心惹かれる想い。

彼女の頑張りと踏ん張りが好もしくって、自分も負けじと
努力したくなる。
こういう素晴らしい友人との出会いは、自分の向上心も
ガンガン刺激されるんだよね。
ここまで生きてて良かった、出会えてよかったっていう感じね。
生きてる実感がポコポコ湧いちゃうよ。

そういう友人って欲しくない?
そしたらまず自分と向き合おうよ。
何事も諦めたら終り、投げ出したらアウトなんだからね。
人生捨てたモンじゃないってば。

そうそう、親友探しってどこか恋人選びに似てない?
そうやって考えると理解してもらえるかな?なんて。

じゃまた。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。