女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/02/19(日)   CATEGORY: 趣味
ブランド志向と没個性を憂うよ。
ブランド志向。

巷には溢れかえってるアレよ、アレ。
猫も杓子もみんな持ってるアレ。
誰でも何となく気になったり、好きだったりするブランドって
あるんじゃないかなと思う。

まあ全く無頓着・無関心っていう人もいるからさ、一概に
みんな好きだなんて言い切るわけにはいかないけどね。

それはファッション全般を手がける外国ブランドだったり、
服飾専門の国内の高級品を扱うブランドだったりね。

実際ミーハーな私にも大好きなブランドがあるし。
ただ、ブランド物だからって見境無く何でも良い訳じゃない。
もう四半世紀以上もこのブランド一筋!っていうのがあるから
それ以外の物は、それがどんなに高額なプレゼントであろうが
全く興味は無いし、欲しいとも思わないんだ。

今は子どもにもあるよね、ブランド志向。
親の負担も考えず・・っていうような目がテンになるような
高額商品の数々。
これを子供が欲しがるだけじゃなくて、親が率先して子どもに
着せたり持たせたり。

親のブランド志向が、とうとう子供にも降りてきたかって感じ。
携帯電話ひとつとっても、一巡したらもう次の商戦展開だもんね。
それに乗っちゃうのもどうかと思うけど、逆らいきれるかって
いうと難しかったりもする。

子供同士で持ち物や服を自慢しあったりなんて話もよく聞く。
っていうことは、こんなこともイジメや差別の源なんかに
なることもありうる訳でさ。

大人は見栄や自己満足の為だったりするけど、子供はどうかな。
自分で働いて買ったわけでもないのに、ブランド物を持ってるか
持ってないかで孤立するなんてたまらないよね。

これって我が身を振り返っても、ちょっとキツイなあ。
離婚して子供抱えて、生きるために、食べる為に、とにかく
必死に働いてた頃が今みたいな感じだったらと思うとゾッとする。

やっぱり収入の差や、子供の人数とかによっても違ってくる。
でも裕福だから贅沢かっていうと、そうとも言えないわけで、
生活費を削っても見栄を最優先にしてる家族もいたりする。

問題は子供は成長して劇的に体型変化することなんだよね。
大人が太ったり痩せたりとはレベルが違う。
あっという間に背が、手が、足が伸びる。
もちろんいい物を着せたい、似合う物を選んでやりたいって
いう親心はわかる。
それに子供はとにかく新陳代謝が盛ん。
とにかくいつも清潔な物を着せるのが基本だと思ってる私は、
どうしても子供服にだけは疑問が残っちゃうんだよね。

まあペットグッズやペット服なんかだって、目が飛び出そうに
なるほど高額だったりするんだから、こんな時代なんだなって
納得するしかないんだけどさ。

安かろう悪かろう。
よく言われることだけど、確かにいいモノはいい。
でも、高額だからいいっていう錯覚だけはしたくないよね。

高級・高額品に手を出してれば、自己満足とある程度の
安全は得られるかもしれない。
でも物の良し悪しを見分ける、見極める目だけは何とか
持ちたいもんだよね。

それとさ。
人間の欲望は果てしない。
だからこそうわべだけ高級、でも中味はカラッポ、スッカラカン
・・そんな人間にはならないようにしたいよね。
あくまで自己主張、個性の一つとしてのブランドが理想だけどね。
うーん、これもなかなか難しい。

取り込むか取り込まれるか。
飲み込むか飲み込まれるか。
人と流行に流されないだけのこだわりを持とうよ、ね。

じゃまた。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2006/02/11(土)   CATEGORY: 友人
親友、戦友、素晴らしき友。
友人、知人。
これだけ生きてくると、それなりの人数もいる。

知り合って何年経っていたとしても、ずっと知人の範囲に
納まったままの人もいれば、妙に気が合ってすぐ個人的な
付き合いになる人もいる。
個人的な付き合いからもっと深く、お互いのプライバシーを
公開できるほど親しくなっていく人もいる。
だからといって、その人たちが全部親友かというとそれは否。

友人の範囲って広くて曖昧。
よく聞く話だけど、勘違いもいいトコ。

・親友だったはずなのに裏切られた
・親友だと思っていたのに相手にはそう思われていなかった
・親友のくせに何でわかってくれないのか
・親友だと思ってたけど何か違う

ふう。

そもそも親友って何だろうね。

いつも一緒に行動するから?
何でも話せるから?
同じ考え方をするから?
自分の思い通りに動いてくれるから?
自分のすることに反対しないから?

仲がいいから親友、喧嘩しないから親友、相談できるから親友。
そういう意味だけで友人を親友と呼ぶなら、簡単だね。
もしかしたら、私をそう思ってる人もいるだろうな。

でも一番イヤなのは「私(俺)たち、親友だよね?」って
言葉に出して確認すること。

すごく寂しいよ、それ。

そんなに軽く親友なんて言って欲しくないし、大体確認する
こと自体がおかしい。
言葉に出して確認しなくちゃ相手が信じられないなんてさ。
やめとけ、って感じ。
そんな上っ面だけの、薄っぺらい親友関係なんていらない。

じゃ親友って一体なによ?って話だけど。

・相手に何かあった時、冷静に判断・助言・支援ができるか
・相手の置かれた立場と環境を踏まえた上で、相手の身になって考えられるか
・損得・欲得無しで相手を支えられるか
・間違いや誤りをきちんと指摘できるか
・自分の判断に自信を持って相手を受け止められるか

これはあくまで私の中での親友の基準。
人によって尺度は違うし、自分の考えが絶対正しいなんて
思ってないから、押し付けるつもりも、否定するつもりも
ないよ、勿論。

こんなに難しく考えちゃったら、人生の中で親友と
呼べる友に何人巡り合えるか。

極端に言えば、逆境に立った時に相手が、そして自分の
相手に対する思いの深さがわかるんだよね。

よく言われることだけど、やっぱり友人は財産だと思うよ。
お金では手に入らないからこそ本当の意味での財産なんだ。

親友を手に入れたかったら、まず自分を見つめること。
自分磨きを忘れちゃったり、怠ったりしたらまず無理だね。
他人同士が理解し合うこと自体が難しいんだから。

幸いというか、親友と呼べる友人が2人いる。
何かあった時に助け合える友人も何人かいる。
そういう意味では本当にラッキーだと思ってるんだ。

最後に。
最近出会ったばかりなんだけど、大事な友人がいる。
彼女は私にとって一種の戦友。
戦友なんていうとちょっと物騒だけど、あとにも先にも
もう現われないだろうな、と思えるほどの存在感。
心の琴線が弾けんばかりに鳴り続けてるのがすごいんだ。
衝撃的な出会い、心惹かれる想い。

彼女の頑張りと踏ん張りが好もしくって、自分も負けじと
努力したくなる。
こういう素晴らしい友人との出会いは、自分の向上心も
ガンガン刺激されるんだよね。
ここまで生きてて良かった、出会えてよかったっていう感じね。
生きてる実感がポコポコ湧いちゃうよ。

そういう友人って欲しくない?
そしたらまず自分と向き合おうよ。
何事も諦めたら終り、投げ出したらアウトなんだからね。
人生捨てたモンじゃないってば。

そうそう、親友探しってどこか恋人選びに似てない?
そうやって考えると理解してもらえるかな?なんて。

じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/02/03(金)   CATEGORY: 趣味
多趣味悪趣味何でもありよ。
趣味の話をしちゃおうかな。

悩んでもどうしようも無いことってあるよね。
そういうのすっごく苦手。
疲れちゃうし、寝ても覚めても悩むなんて時間の無駄。
だからまあいっかってあっさり振り捨てることにしてる。

もちろん感情はあるし、やっぱり辛い時もあるけど、
かといってそんな辛い状況にどっぷりはまっちゃって
ああ、私って何て不幸なの~なんて、ばからしくって
やってられない。
それならさっさと気分を切り替えるに限る。

そんな時に役立つのが趣味かな。
よく無趣味だからとか、お金がかかるからとか言って
何にもしないでウダウダしてるだけのヤツもいるけどさ。
まあ何をしてようが、ドツボにはまって唸ってようが
そんなの本人の自由だから別にいいんだけどね。

たしかに新しい事を始めたり、何かに興味を持ってそれに
チャレンジするのって、それなりの覚悟もお金もいる。

でもさ。
どんなことでもやってみなくちゃわからないじゃん。
すごくやりたかったことが、実際は全然自分には向いて
なかったとか、合ってなかったとかね。
逆に最後の最後まで考えて始めてみたら、すごく楽しくて
もうやめられないなんてこともあったり。

何かに夢中になる、なれるってすごいことだよ。
勿論自分のためにもなるし、何より人生観が変わっちゃう
ことだってあるんだもん。
趣味が実益を兼ねるとか、職業になっちゃうことだって
あるもんね。

私は仕事にできるだけの趣味も無いし、そこまでの
才能には恵まれてないんだ、残念ながらね。
それに弱い部分もたっぷり持ってるし、挫けそうになる
ことだってしょっちゅうだし。

私にとっての趣味はね、一時的な現実逃避と手っ取り早い
気分転換の原動力。
これだけはちょっと恥ずかしいけど認めておかなくちゃね。

趣味と呼べるもののなかでも特に書道。
ありふれてるけど、これだけは一生ものだな。
雅号と師範免許なんかもあったりするんだけど、実際は
まだまだヘタクソ、ひどいモンよ。

いくら書いても最高の満足感なんて味わったこと無いし、
誰かに誉めてもらいたくて書いてるわけじゃないし。
完全に自己満足でしかないけど、自分の中のバランスを
取り戻すための処方箋だと思ってるんだ。

あとは読書。
極端かもしれないけど、文字だったら何でもいい。
マジで文字が無くちゃ生きていけないと思ってるから。
純文学でもコミックでもいい。
推理小説、SFや未来モノ、歴史小説、何でもオッケ。

そうそう、洋裁や編物、木工もやるよ。
木工なんてかなり本格的にやっちゃうもんね。
男に生まれてたら、真剣に大工になっちゃってたかもって
いうくらい好きだな。

何かここまでくるとね、仕事の合間っていうより、趣味の
合間に仕事をしてる気がしないこともないな。

つらつらと書いちゃったけどさ。
こんな感じでメチャクチャ忙しくしてるとね、もう嫌なことなんか
考えてる時間もヒマも無いワケ。
辛い苦しい悲しいなんて思ってるより、自分の好きな事に
没頭したほうが絶対幸せじゃない?

で。
今度は今流行りの株にも手を出してみようかと
思ってるわけ。
あ、もちろんネット限定ね。
手を出して合わなかったらさっさと止めるけどさ。
これがまた趣味の一つになるかどうかは疑問だけど。
でもちょっと面白そうじゃない?

ま、女将はきまぐれがウリだから。
また結果報告でもするわ、そのうち。

じゃまた。
CO*0 ] page top
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。