女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/29(日)   CATEGORY: 自己分析
親と子・・立場変わればの矛盾。
ちょっとワケ有りで、あんまり長く書けないかも・・と
思ってるんだけど、たぶんまた書いちゃうだろうな。

いつも書こうと思ってるくせにすぐ忘れちゃうんだけど、
今日はPC開けた途端にパッと思い出した。
だからどうしても書かなくちゃイカン。

親と子。
これにすっごい疑問があるんだ。

私も子どもを持つ身だから、一応親なわけね。
もう子どもは大分大きいけど、それでも親としていろいろ
言ったり、それなりに注意したりもする。

うんとちっちゃい時は、何をするにも目を離せないから
車に気を付けてとか、迷子になるなよとか、目と手の届く
範囲での注意で済んだんだけどね。

さすがにある程度大きくなってくるとさ、自我の芽生えも
あるわけで、何でもかんでもダメなんてのは、いくら親でも
さてどうしたモンか?って考えるじゃん。

でもこりゃヤバイ!とか、危ないことになりそうだとか、
どう考えてもおかしいぞっていう時なんかにはガツン!と
注意するんだよね。
これは親っていうより先に生まれた者としての義務だな。

そこで疑問がボコボコと湧いて来るんだ。

親の決まりきった言葉っていうとさ、勉強しなさいとか
いい学校に入れとか、○○君とは遊ぶな、どこそこには
行くな、みたいな感じでしょ。

子どもの将来や、今のこの物騒な世の中を心配してのこと
だけならいいんだけどさ。
私は何かすっごくイヤで言ったことないんだ、子どもに。
親の特権っていうか権利を振り回してるみたいに見えちゃう。

あ、だからって無責任な放任主義じゃないからね、念の為。

じゃ私は何を言ってるかって言うと。
・宿題だけはちゃんとやること。
・自分が人に言われてイヤなこと、人にされて辛かったり
 悲しくなったりするようなことは絶対しないこと。
・自分の気持ちは大事にすること。
たった3つ、これだけだもん。

親が子どもにしつこくうるさく勉強しろって言う。
強制されるのって、何かやる気そのものが無くならない?

何の為に勉強すべきなのかをきっちり話せる親って
どのくらいいるんだろうね。
勉強は自分のためにするものだって本人が理解してないと
辛いだけだと思うんだよね。

でもやれって言われて素直にする子も多いんだろうから、
一概に悪いとは言わないし、言う権利も無いけどさ。
ただ子どもの時しかできないことって絶対にあるわけで、
そんな楽しみを奪ってまで勉強しろなんて言えないわ。

親の権利を振り回す親自身に聞いてみたいこと。
・勉強しろって言うあなた自身が勉強好きだったの?
・そんなに親のいいなりになって育ったの?
・そんなに親にとって素直ないい子だったの?

私は全然ダメだったから、偉そうなことは言えない。
だから自分の子どもにも絶対言わない。

みんな大人になると、都合の悪い事は忘れるんだか、
忘れたことにしちゃうんだろうね。
子どもの中の遺伝子の半分は自分から行ってるってこと、
忘れちゃいけない。
自分を振り返ったら、子どもに期待しすぎるのは酷ってモンよ。
自分のことを棚に上げて偉そうになんて、恥ずかしいじゃない。

親が子どもにしなくちゃいけないこと。
・持って生まれた能力の判断(過度な期待は禁物)。
・適性の有無と可能性の判断(本人の意思が最優先)。
・衣食住の保障と健康の管理。
・物事の善悪の判断(他人への思いやりと礼儀も)。

こんなトコじゃない?

よく社会では立場が人を変えるなんていうけど、親と子も
そうなのかな・・よくわかんないけどさ。
・・・まあいっか(笑)。

じゃまた。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/22(日)   CATEGORY: 友人
先入観の陰にあるもの。
こんな遅い時間だけど、ちょっとだけ外に出てみた。
もちろん何処に行くわけじゃない。
昨日降った雪で道路がどうなってるか見てきただけ。
今日は日曜、勤めが休みでよかったってホッとした自分。

慣れてないから怖いんだよね、雪そのものより凍結が。
情けないことこの上なし。
小さい頃は雪が降れば嬉しくって、楽しくって。
やだよね、いつの間にか夢が無くなっちゃってるな。

私の父は長野県の出身。
ここはあの何かとお騒がせな県知事のおわすところだけど
父の出身校の後輩だってわかってちょっと衝撃(笑)。
ま、私は長野県民じゃないから個人的な思いは何も無いけど
どうしても長野に固まってる親戚から話は聞かされる。

でも。
・・・ふーん、へえ、そうなの。で、終り。
別に県知事の話を書くつもりじゃないから。念のため。

私さ、先入観って持たない主義なんだ。
たとえその人がどんな人間であったとしても、あくまで
聞いた話でしかないんだから。
噂とか悪口たっぷりとか、逆にどんなに素晴らしいかを
懇々と聞かされても聞き流す、っていうか耳から抜けちゃう。

自分がその人と会ったり、話さなくちゃ本当のところなんて
判らないじゃない?
そこで初めて判断するのが当然じゃないかな。
どう考えてもおかしいじゃない、その人自身を知らないのに。

それが社会的にも明らかな被害を被った人とか、目に見える
怪我を負わされたとかの人が居れば、判らなくはないよ。
それでも、もしかしたらそれには何かの事情があるのかも
しれないし、そんなの当人同士でしか解決できないでしょ。

大体自分が直接の被害者でもないのに、ただの聞きかじりや
噂、悪口なんかを信じ込むのって絶対おかしい。
周りと一緒になって悪口言って、また他の人に広げてとか。
噂が違ってたらコソコソと何も無かったかのように振舞って、
今度は手の平を返したみたいに肯定派になってたりとか。

まるでお手々繋いでトイレまで~♪の仲良しゴッコみたい。
誰かがそうだから私も~とか、みんながしてるから私も~とか。
仲間外れがイヤ、結局は怖いんだろうけど。
でもそんなのだけが友人だったら寂しすぎ。
本当の友人ってそんな低レベルのトコには絶対にいないよ。

あんた、自分ってモンが無いの?
恥ずかしくないの?みっともないよ?

そんな薄っぺらいヤツにだけは絶対なりたくないし、そんな
中味の無いカラッポとは近づきにもなりたくモンだわ。
とにかく直接関わるまでは人の判断はしたくないし、しない。

もし自分が人にそうされたらイヤじゃない?
知らないうちに知らない自分が作り上げられてて、今まで
友人と思ってたヤツまで向こう岸にいた・・なんてさ。

何気ない一言や、軽い気持ちで言っちゃったウソなんかが
誰かをひどく傷付けちゃうかもしれないなんてサイテー。

何気ない一言で救われる事もあれば、言葉の暴力で人の
人生そのものの取り返しがつかなくなることだってある。

言葉の威力・・・怖いよね。

先入観を持たないってことは、相手の身に自分を置き換えて
考えてみるって事なんだよね。
もちろん1人だけ異を唱えるのって勇気がいるかもしれない。
要は思いやり、これに尽きる。

もう少しこの気持ちがあれば、きっとイジメだって減るよね。
かくいう私も苛められたっけ・・この話は重たいからまた今度。

人間は1人で生きてるわけじゃない。
でも自分を見失ったり、人と合わせてばかりいればいいって
モンでもない。
噂に振り回された挙句に、自己判断不能になるようなくだらない
人間に成り下がるのだけはご免だ。

いい友人を持とう。
それにはまず自分が一段登らなくちゃね。
登る努力もしなくちゃね。

みんな大丈夫?

じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/16(月)   CATEGORY: 家族
非・血縁家族ここにあり、よ。
自分の健康に不安がある時って、まず誰の顔が浮かぶ?

私はね、ありきたりだけどやっぱり子どもたち、複数ね。
あ、念のため言っとくけど、人間の子は1人だけ。
一緒に暮らしてる犬たちも含んでの子どもたち。
自分の中で子どもといったら、当然犬も入るんだわ。

この子を飼うと決めた瞬間から、親子関係成立。
まあ彼らの意思は全く無視してるけど、人間だって自分で親を
選んで生まれてくるワケじゃないんだから同じことよ。

もちろん見かけは人間とは全く違う。
毛はいっぱい生えてるし、ガウガウワンワンで言葉は通じないし、
まさしく犬。

ゴハンも作れないしトイレ掃除も出来ない。
そう、1人じゃ何もできない、ってことは人の手が要る。
それに犬も人間と同じように寿命が伸びてるから、当然病気や
怪我だってするから病院だって連れてくし、徹夜の看病だって
喜んでするよ。
勿論現実にお金もかかるよ、でも自分の子どもなら当然でしょ。

嬉しい事に20年生きてくれる可能性もあるしね。
それだけ長く付き合っていくんだから、もう飼主・飼犬なんて
概念は捨てた親子・共生が自分的には一番しっくりくる。

でもね。
飽きた、年取った、言う事を聞かない、病気が治りそうもない。
もう、信じられないような理由で、縁あって一緒に暮らした
犬を捨てたり処分したりする大バカヤロウがいるのも事実。

あんた、自分の子どもでもそうなったら簡単に捨てるの?
あんた、自分の親でも歳とって邪魔になったら放り出すの?
あんた、自分が逆の立場になったらって考えてみろよ!

そういうクズ、そういうバカに目の先10センチで胸倉掴んで
聞いてみたいモンだわ。

天に向かって唾吐いて・・自分に返ってくるなんて考えても
いないんだろうけど。
そんなサイテーなヤツ、どうなろうと知ったこっちゃないけどさ。
私からすれば命の重さを考えもしないヤツ、生きる価値無し。

あはは。
またバカだのクズだの言っちゃった。
でも本心だからさ、まあいっか。

人間の子だったら学校出して、成人させれば一応役目は完了。
でも犬は寿命がいくら延びたとはいったって、人間に比べれば
短いからね、穏やかに平和に過ごせるようにいつも願ってる。

それには自分がちゃんと生き抜かないと。
そう、これが一番大事なのよね。

ヤバイ・・私最近ちょっと緩んでたからな。
摂生しなくちゃ責任放棄になっちゃうわ(笑)。
(でもやっぱりタバコはやめられませんなあ・・・)

ところで夫の顔?
残念ながら全然浮かばないんだな、ホントのところ。
だってヤツは大人だし、1人で生きていけるもんね。
いいのよ、ほっとけば。
・・・余計な心配は無用だからね!

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/11(水)   CATEGORY: 不倫・恋愛
自分らしさの自覚が勝負。
はあ寒い。
真剣にババシャツの誘惑に負けそう。

今ふっと思ったんだけど、また夫持ちに戻ってからトンと
恋愛にはご無沙汰。
まあ当然といえば当然だけど。

結婚してまで恋愛だの不倫だのはちょっとな。
別にパワーのある人ならいいんじゃない?とは思うよ。
まあ勝手にやってよ。

でもさ、絶対疲れるよね、精神的にも肉体的にも。
夫公認の不倫なんてあんまり無いとは思うけど、普通は
突然誰かと不倫関係になったらまず内緒にするんだろうし。
ウソにウソを重ねて、尻尾を出さないようにしなくちゃとか、
バレたらどうしようとか、神経の休まるヒマなんてなさそう。
私はご免だ、向いてない。

長い付き合いの友人(男)の話。
パート勤めの女房が妙に家事に精を出すようになった。
完璧とは言えなくても、今までもそれなりに家事はやってて、
特に不満は無かったのに、突然家中がピカピカになリ始めた。
パートから帰ってくるとね、とにかく家事家事家事。
家が綺麗になるのはいいことだけど、彼はピンときたらしい。
さりげなく好きなヤツでも出来たのか?って聞いたら、女房は
そんなことないと思う・・と言って涙ポロポロ。
図星か!って怒りがこみ上げたらしいんだけど、どうやら
不倫とかそんなアブナイことは何にも起きてない。
そのダンナの一言でね、女房はパート先の上司が気になって
仕方なかったことを初めて自覚したらしい。
落ち着かなくて、誰かを好きになるその気持ちが無意識に
家事に向いてたんだろうね。
結局真面目な女房ドノは、まさか自分が・・ってヒドイ自己嫌悪。
自分からパート先を辞めたんだとさ。
嫁さん可愛いじゃんって言ったら、そうなんだ、だって。
あほらし。

時代は変わったとか言ったって、男の家事育児の割合なんて
たかが知れたもの。
中には家事を得意とする人も居るのかもしれないけど、
遅くに帰ってそれから家事を目一杯するなんて無理でしょ。

一応本業を持っていて、それで家族を養っているのなら
睡眠時間を削ってまで家事(手伝い)をさせるのは
ちょっと酷だろうな。
でも遅く帰るからって仕事だけとは限らないかもだけど(笑)。

共働きは結局女の負担の方が大きいと思うよ。
収入の差はあるにしても、拘束される時間は同じだったら
家での労働は手抜きにもなるだろうしね。

ただ女が働くのってその目的によって全然違うもんね。
とにかく生活する為なのか、金銭的余裕が欲しいのか、
生きがいを求めているのか、家に居たくないから、とかさ。

やっぱりバランスは大事。
世帯主が二人いるような家庭って大変かも。
実はウチがそう。

今考えれば恋愛のままでもよかったし、結婚するならやっぱり
通い婚とか週末婚くらいでよかったのかなとも思ったりね。

何をおいても仕事!なんてバリバリ働いてた時もあった。
そういう時ってさ、何でか異常なくらいちやほやされるんだよね。
あの頃はきっと一番輝いてたのかもね。

自分らしさ、やっぱりこれが一番の魅力よ。
気付いたモン勝ち、自覚したモン勝ち。
あなたはどう?

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/06(金)   CATEGORY: 家族
自らを殺すヤツに一言。
やってくれるじゃん、ばかったれ!
思わず小声だけど言っちゃったよ。
それは今朝の出来事。

正月休みもあけて、だんだんホームに人が増えてきてる。
来週になれば学生も戻ってくるから、いつものラッシュも
始まるんだよね。

準田舎から都心まで準遠距離通勤してる私。
いつものように7時過ぎに家を出て、某私鉄のホームに
降り立ったわけ。
そしたらホームに溢れんばかりの人の山。
イヤーな予感・・・

「先ほど6時45分頃、●駅■駅間におきまして死傷事故が
発生いたしました。車両の下の方は救出されておらず、
レスキュー隊が出動することになっております。現在全く
運転復旧の見込みは立っておりません。振替輸送を行なって
おりますので・・・・」

ふざけんな!
よりによって朝のラッシュ時に。
この寒いのに、自分勝手なアンタの救出にあたる人達のことも
考えろって。
誤って落ちたとか、巻き添えを食らった人とかならわかる。
みんな必死になって助けようとするって。
私だって助ける為にできることがあれば何でも手伝うよ。

でも自分で電車に飛び込んで、グシャグシャになった人間を
片付けなくちゃならないんだよ?
敢えて助け出すなんていわない。
だって彼らが片付けるのはただの骸(むくろ)なんだから。

いくら仕事でも、こんな気分の悪いこと、誰が喜んでする?
ホント、自分勝手なんだよ、自殺するヤツ。
どうしても死にたいなら人に迷惑をかけるなって。
人目に触れずにひっそり逝けば?

前も書いたけどさ、親兄弟を泣かせて、友人も泣かせて
他人にまで迷惑をかけて、アンタ、それで幸せなの?
死ねば苦しみから解放されるの?
同情なんかしない。
そんなヤツ、やっぱりただのバカだよ。

結局会社に辿りつくのに2時間半もかかったわ。
もう、クタクタもいいトコ、まるで旅行よね。
新幹線で2時間半も乗ったら、結構遠くまで行けるのに。
いつもたっぷり余裕を持って出かけてる。
それに仕事前のコーヒータイムを唯一の楽しみにしてるのに
アンタ、そんなささやかな楽しみまで奪ってくれちゃって。

どんな辛いことがあったのか・・まあ考えたくもないけどさ、
もうちょっと待てなかったのかな。
他人を傷付けなかっただけマシ?

違う、それは絶対違う。
命は一つしかないんだよ?
死ぬ直前に後悔したって遅いんだからね。
イヤだから、辛いからって逃げ回っちゃダメダメ。
逃げ込む先が自殺なんてあまりにも安直過ぎる。

やっぱり寿命は全うしよう、短い人生、あっと言う間よ。
せっかくこの世に生まれたんだから、楽しまなくちゃね。
こんなご時世でも、そんなに捨てたモンじゃないと思うよ。
まあ、気の持ち方次第だろうけど。

寒くて切なくてやるせなくて疲れ果てた一日。
ああバカくさ。

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/05(木)   CATEGORY: 介護
人に性(さが)ありき。
今日はちょっと切なくなる話をね。

痴呆、ボケ、認知症、それに伴なう徘徊や記憶障害。
大体が年齢を重ねて、老人になると現われてくる。
勿論現われない人もいるよね。

ずっと頭を使う仕事をしてきた人が、引退した途端
急に始まっちゃったとか。
頭を使うことは元々嫌いな人とか。
嫌なこと、ショックな出来事から逃避した結果で
そうなっちゃったとか。
原因・要因はいろいろ。
症状もいろいろ。

でも逆に意識がはっきりしてるのに、身体の自由が
きかないっていうのも辛い。
鼻が痒くたって手が動かない。
トイレに行きたい感覚が無いからもらす、結局おむつの
世話にならざるを得ない。

排泄の問題って人間のギリギリのプライド、尊厳だよね。
いくら家族だって、それが血の繋がった子どもだって
世話してもらうとなったら・・やっぱり辛いよ。
焦れて、家族に当り散らすなんてこともよく聞く。

どっちがいいなんて無いし、そうならないことを祈るしか
ないんだけど。

これはね、聞いた話。
人間は欲望のかたまりとかいうじゃない?
食欲、物欲、金銭欲、性欲、独占欲・・
挙げていったらキリがないけど、普通の状態ならある程度は
我慢もするよね。
その我慢はある意味、自分の中に秘めている部分、表に
出したくないとしてる部分だったりする。

それが痴呆が進むと、こういう抑えていた、隠していた欲が
全部表に出ちゃうこともある。
実直真面目な人生を送っていたはずの人がどうして?とか。
あんな穏やかだった人が何で?とか。

食べる事が何より好きな人がいたとすれば、今食事が
済んだばかりなのにまだ食べていないとなったり。
性欲旺盛な人は、異性を追い掛け回したり、自分が全裸に
なっちゃったり。
これは極端な例かもしれないけど、実際にある。

先輩が今、仕事を辞めて義父(舅)の介護をしているんだ。
介護といってもおじいさんの身体はいたって元気。
でもちょっと目を離すといきなり居なくなる。
歩き回る徘徊も事故にあう恐れもあって大変だけど、この
おじいさんは自分でガンガン運転してどこかに行っちゃう。
ガソリンが無くなるまで運転して、どこに帰ったらいいのか
解らないなんてこともあったらしい。
若い頃は安全運転、長年の無事故無違反で表彰されたことも
あったって。

先輩は車にも運転にも全く興味が無かったけど、慌てて
免許を取った。
毎日時間を決めて、おじいさんの運転欲求に付き合ってる。
おじいさんにちょっとだけ運転してもらって、あとは自分が。
慣れない運転だから、おじいさんの叱咤激励が飛ぶ。
でもおじいさんの笑顔と、一緒にいることで信頼関係が築けたと
疲れ果てているだろうに・・けらけらと笑う。

介護って難しい。
でも願わくば、欲に飲み込まれたくはないな。
自分の欲望、何が一番強い?
考えておいたほうがいいかもね、あとあとのために。

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/04(水)   CATEGORY: いろいろ
ミーハーするのも楽しいよね。
正月休みも今日でオシマイ。
何かあっと言う間に過ぎちゃったな。

凧揚げや羽根つき、福笑いなんて全然頭に浮かばなかった。
テレビで正月風景を観ても、何かピンとこない。
天皇家の一般参賀、これを観てやっと実感するなんてヘン。

門松を置いてる家もめっきり少なくなっちゃったね。
元旦からデパートやスーパー、コンビニも開いてるし。
こうやってだんだん日本のお正月って感覚が薄れていくのかな。

無くなることはないだろうけどやっぱり寂しいね。
でもそういうふうにしちゃったのも、日本人の私たち。
いいのかな、こんなんで。
もうちょっと厳かな・・っていっても無理なんだろうな。
日本のお正月ってどんなんだっけ?なんてならないように
祈ってるわ。

さて明日は新年初出社、早く行かなくちゃね。
まとまらないけど今日はこんなトコで。

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/02(月)   CATEGORY: 仕事
丸の内今昔。
この何年かの丸の内(東京)の変貌ぶりに唖然。

もうかなり昔の話だけどさ。
新卒で入社した会社は某生命保険会社だったんだ。
配属は本社、勤務先は丸の内。
本社は6年くらい通ったかな、懐かしいな。
現実はともかく、まあ聞こえはいいよね、丸の内のOL。

何より嬉しかったのは日比谷や銀座が目と鼻の先だったこと。
飲み歩きに食べ歩き。
映画はロードショーのハシゴ。
ショッピングの帰りは美味しいケーキ。
銀座や日本橋は庭のように思えるくらいくまなく歩いた。
地図が頭に入ってるかと思うくらい、よく遊んだモンだわ。

でも丸の内ってあくまでオフィス街で遊ぶトコじゃなかった。
土曜日曜なんて静まり返っててまるで死んだ町。
お堀端でも歩かなくちゃ飽きちゃう飽きちゃう。
もちろん高級店はあったけど、敷居も高いし値段も高い。
そんなにいつも行けるような店でもないから店内は閑散。
そんな街だった筈のその丸の内で、今は遊べるのよね。

この間久しぶりにその丸の内、元の勤務先に寄ったのよ。
カルチャーショックってこういうのを言うのね。
聞いてはいたけど、あまりの変わりように驚いたわ、ホント。
昔の同僚も役職に就いてて、何だかドッシリ構えてる。
偉くなっちゃって貫禄も付いてて、もう圧倒されちゃったよ。
まあね、会えば昔と同じよ、人間が変わるわけじゃなし。
くだらないバカ話で盛り上がって、部下持ちの辛さを聞いて来た。
中間管理職の悲哀、若者相手の現実は大変だね。

そういえば私も本社で新入社員相手の講義をしたことがある。
持ち時間1時間半、新人80人くらいだったかな?
会社命令だから否応無し。

とにかくイヤで逃げ出したくて、全部放り出したくて。
見せたくないじゃん?足のガクガクと手の震えなんてさ。
でもさ、最後に開き直ったら不思議と落ち着いたんだ。
ていうか、悟ったの。
新人相手だからさ、何か間違えたってわかりゃしない。
何ていい加減なヤツなんだろね、私って(笑)。

レジュメ無し、資料も無し、もうヤケクソ。
で、マイク持って喋りまくって、結局時間が足りなくなった(笑)。
土壇場に強いんだ私ってって初めて気が付いた、あの時。
いい経験だったな、その後の仕事にすごく度胸がついた。
人前で話すって大嫌いで苦手なひどい引込思案だったはず・・
なのに全然平気になっちゃった。

その結果がこれよ、今のワタシ。
興味と好奇心を最優先。
始める前に悩まない、悩む暇があったら動く。
何でもやってみてダメならやめる、さっさと諦める。

やればできる、成せばなる、なんてウソだよ。
やっぱり向き不向きはあるんだからさ。
でも絶対ダメ!とかイヤ!とか思ってたことが、もしかして
ものすごく自分に合ってたとか、面白かったりしたら?

これこそやってみなくちゃわからない。
だから思い切ってチャレンジ、結果はどうあれね。
あとになって、失敗が自信になってたりするんだ、不思議なことに。

うだうだ悩むなら動こう。
自分に自信が無くたって、どうにかなっちゃうこともある。
私なんか恥ずかしいくらい、いつも自信無いもん。
でも何とかなっちゃう、何とかしちゃう。

清水の舞台から飛び降りなくてもいいからさ、ズルズルと
降りてみない?
自分の新しい一面を発見できるかも。
新しい年、ちょっと変身もいいんじゃない?

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/01(日)   CATEGORY: いろいろ
新年早々の救急外来ヤダってば。
明けましておめでとうございます。

・・なんて言ってられない状況なんだ、実は。
2週間も前に治療済みの歯なんだけどさ。
そこの歯茎がブワッと腫れちゃった。

治療後も何度か歯茎が腫れた?とチラッとは思ったけど
仕事も忙しかったし、疲れと寝不足のせいだと思ってた。

虫歯じゃないし、手持ちの抗生物質なんか飲んでごまかして
みたんだけど甘かったみたい。
腫れがひくどころか、今日になってとうとう痛みも発生。
首のリンパ腺も腫れてきてるし、だるくて熱っぽいし。
完全に菌が入っちゃった・・・って感じだな。
うわ、もしかして根尖膿瘍とか?

ヤバイ、マジでヤバイ。
何たってお正月じゃん!
上の奥歯で脳がすぐそばっていうのもマズイ。
菌が脳に入ったなんて話も聞いたことあるしさ。
かかりつけの歯科は休診っていうのが最悪。

新年早々歯医者?
それも救急外来?
ヘタしたら歯茎切開の外科手術でしょ。
歯科治療、あのキーン!って音、大嫌いなんだってばー!

もう勘弁してよ、ホント。
まったりしてる家族に迷惑かけるのもイヤなんだよね。
医者だってエライ迷惑だろうけどさ。
それも知らない病院で救急治療?
何とか腫れがひけばかかりつけの歯科にいくけどね。

・・しゃーない、救急で診てくれるトコ探しとこうか。
ポツポツの更新だけど、今年も宜しくね。

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。