女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/11/29(火)   CATEGORY: 不倫・恋愛
不倫という名の恋愛って。
不倫。
何ていうかこの2文字、後ろ暗いイメージあるよね。
本物の恋愛もあるだろうし、錯覚の時もあるだろうし。

一番多いのって男が家庭持ちで女が独身かな?
女が家庭持ちで男が独身っていう時もあるね。
一番マズイのは家庭持ち同士の場合?
いろんなケースがあるから一概には言えないけど。

誘惑したとかされたとか。
寂しかったからとか好きになったからとか。
割り切ったつもりが気付いたら泥沼ドップリだったとか。
相手の配偶者や恋人に勘付かれて、それこそ刃傷沙汰になったり。
でもどっちが悪いかなんて私にはわからない。

私も経験あるからね、離婚後の独身の時。
ただ離婚前提で何年も別居してた人だったんだ。
子供が成人するまでは絶対に別れないっていう奥さんがいて。
最初からそんな状況で付き合いだしたから、相手の家庭とか
殆ど考えてなかったかも。
逢った時だけの恋人でいられればそれで満足してたから。

それにお互いに自分の子供、それも多感な未成年の子がいる。
今考えれば結婚を目標にはしなかったのが良かったのかな。
結局強引な今の配偶者が現われて、その人とは別れたんだ。

でも再婚して「君の意思に任せる」っていうメールが来た。
その人の子供が成人して正式に離婚が成立したっていうこと。
やっぱり揺れたな・・・心から愛した人だったから。

・・・思い出にしようと心の中に封印して。
限りなく理想に近い人だったんだ。
そういう人に出会えたことに素直に感謝してる。
だけど現実の自分も相手の現実も見たくなかったのも事実。
美化しすぎちゃったのかもね。

そう・・本当にいい思い出になっちゃった。
だって死んじゃったんだから・・・メールを貰った2年後に。
時々思い出すけど・・・やっぱり辛いな。

「いつも君らしくいて欲しい」
最期の言葉、耳から離れないよ。
・・・わーちょっと暗いゼ。

じゃまた。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/28(月)   CATEGORY: 友人
男友達の範囲。
あのね、異性の友人ってすごく大事だと思うんだ。

よく異性との友情は成り立たないとかいうけど、そんなことないよね。
実際いるもん、もう何十年も付き合ってるヤツ。

うーんと若い時は、とにかく気が合うからお互い「これって恋愛
感情?」なんて思ったこともあったけど、それって錯覚だったんだ。
好みのタイプでも、何か違う!と感じたら一時の感情に流されない
ようにセーブしなくちゃね。

だってあとで後悔するのイヤじゃない?
ああ、深入りさえしなければ友人でいられたのに、とか。
そう、恋愛感情ギリギリのこのきわどいポジションがいいんだな。

深入りするのってテンション上がって勢い付いてると簡単だからさ。
何かのCMじゃないけど「よ~く考えよう♪恋愛対象か~」にしないと
只の尻軽女だし、ずっとそんなレッテル貼られるのバカらしいもん。

ただ人間的に惹かれる部分が無いとやっぱりダメだよね。
カッコばかりの薄っぺらいヤツは願い下げ。
そんなことをいうからには自分磨きも怠れない。
これって異性同士だからこそのメリットだと思うな。

男の視点女の視点って、やっぱり違う。
女同士だと慰めあいとかいい加減な相槌とかで終わっちゃうことでも
異性から全く別の角度からの意見を貰うと目が覚める。

時に厳しく、時に優しく。
お互い対等だからこその友情。
相談を持ちかけたり持ちかけられたり。

お互いの配偶者にも紹介しあってるけど、たまには飲もう!なんて
いう時はやっぱり配偶者には言わない。
余分な誤解は鬱陶しいもん。
やましくないからこそ言わない。
お互いの家庭の平和の為に、ね。

惰性を吹っ飛ばすスリリングな感情、長く友情を保ってこられたのも
これがあったから?
ま、これもちょっとした刺激剤よ。
ジジババになってもこのままいけそうなのは幸せ。

さあ頭の体操でもするか。

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/20(日)   CATEGORY: 結婚・離婚
離婚と再婚の裏側。
少し前に歳の離れた友人が結婚したんだ。

いいね、結婚式。
久しぶりの素直な感動。
久しくなかったからね、こういうの。
だって離婚したとか再婚したとかの連絡ばっかりだったんだ、最近。
呼ばれて出席して、初々しい幸せそうな2人に心からのおめでとう。

一応私にも今は配偶者がいる。
一度離婚経験あるから再婚なんだけどね。

子ども?いるよ。
慰謝料も養育費も無しで育ててきたから完全に私の子。
お金貰う約束しても、もし貰えなくなったらどうなる?
イライラするだろうし喧嘩もするだろうし。

それにちゃんと貰えても、会わせろとか会う権利はあるとか
ズルズル引きずるのって余分なストレス溜まるじゃん。
だから何もいらない、出て行って。
そんな感じの離婚だったんだ。

でも子どもが会いたいっていうのは全く別の話。
子どもには実の親だもんね。
それは子ども自身が判断すること。

だから再婚しても学費は夫は関係無し、一切私持ちにしてる。
当然だと思ってる、だって私の子だもん。
ん?言えばもちろん出してくれるだろうけど。

でもそういう問題じゃないんだな。
離婚した時に絶対自分が育て上げる!って決めたから
それを貫いてるだけ。
生活を助けてもらうために再婚したわけじゃないしさ。
だから学費一切は自分の口座から出してる。

一度だけね、今の夫の希望で専業主婦になったことがあった。
再婚してから3年間くらいだったかな。
でもね、だめなのよ。
新卒入社以来ずっとフルで働いてきたせいかな。
頭と身体が悲鳴をあげたんだ、働きたいって。

あれだけ欲しかったはずの自分の時間。
でもメリハリが無くなってだらける一方の生活。
あのプロポーションは何処へ?みたいに太っちゃったし。

表情も雰囲気もまるで別人。
キャリア目指して頑張っていたあの自分はどこに消えた?
そんな感じでおかしくなりそうだったんだ。

今はまた働いてる、今度は身体の悲鳴を聞きながらね。
再婚ってやっぱり難しいよね。
バツニもいいかなと思う今日この頃。
白状すれば、仕事してるほうが性に合ってるんだろうな。

結婚と離婚。
特に離婚はお金が絡まなければ簡単。
お金のために、子どものために別れられないとかいうのって
どうかと思う。

はっきり言っておかしいし嫌いだ。
だってしゃにむに働けば何とかなるもん。
生活レベルを落としたくなくて子どもを言い訳にしちゃイカン。

あくまで自分の気持ち。
この人ともうやっていけない、子どもにもいい影響を与えない。
そこから入らなくちゃダメだよ。

我慢も大事だろうけど迷っている人がいたなら言いたい。
捨て身になれば何でもできるって。
保身は後回し。

このテーマも深いな。

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/16(水)   CATEGORY: 仕事
出張というか研修というか。
仕事をしていると出張やら研修があるんだよね。

イヤとは言えないのが勤め人の辛いトコ。
はいはい、行きます、出席しますよ。

解り切ったことばかりの研修、馴れ合いの出張。
まあいいか、これも仕事だ。
別に仕事をなめているわけじゃないんだけど。
機械的に割り振ってくるのもどうなんだろうね。

パネルディスカッション?はいはい。
ロープレ?あーまたアレね。

慣れたもんです、いいかげん。
とにかくやりますよ、トップ目指して。
やるからにはそれなりに。
切り替えが早いのは唯一の長所かな。

でもね・・大事なワンコが手術するんだ。
終わったら飛んで帰ってこなくっちゃ。
さすがに終わったら飲みに行こう!はできないよ。

可愛いんだ、私のワンコ。

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/15(火)   CATEGORY: 拉致問題
憤りをはるかに越えてる。
飛行機のタラップを降りてくる5人。
北朝鮮に不当に拉致されていたあの方々のこと。
3年前のあの衝撃的なニュースが頭から離れないんだ。

え・・・ほんとに日本人?

申し訳ないけど、テレビで初めて彼らを見た時の、それが
正直な感想だったよ。
あたりまえだよね、人生の半分以上を外国で暮らしていたら
そういう雰囲気にもなっちゃうよ。

でもみるみる日本人らしさを取り戻し、今はご家族全員で
日本での新たな暮らしを築き上げていると聞く・・よかった。

そんなあたりまえ暮らしを、そんな何でもない平和な時間を
拉致という暴力、犯罪で奪われてしまったなんて。

私たちがこの日本という国で当然のようにぬくぬくと
暮らしている間、苦労を重ねて、まさに生き延びてこられた。
何も悪い事はしていないのに。

もし自分が言葉もわからない、そんなわけのわからない
国に突然暴力をもって有無を言わさず連れて行かれたとしたら?

   泣いても喚いても帰れない。

   誰も助けにきてくれない。

   肉親と連絡を取ることもできない。

そんな絶望のなか、果たして冷静でいられるだろうか。
否・・・私には無理だ、きっと。

信じたくないけど、まだまだ沢山の拉致被害者がいる。
絶対取り返さなくちゃ。

だけど何のための拉致?
自分の家族がさらわれたら半狂乱になるだろうに。
完全に頭おかしいよ、イカレてる。

日本人としてできることは何か?
人間としてやらなければならないことは何か?
それも理不尽極まりない事を喚きつづける滅茶苦茶な国相手に
どうしたらいい?

自分の人生を自分で選択できないことほど辛いことは無いよ。
自分で決めたことならどんな結果でも受け入れられる。
それを赤の他人に踏みにじられる・・・それも外国人だよ?

日本人って熱しやすくて冷めやすいじゃん。
恥ずかしくなるぐらいその時だけ大騒ぎしてさ。
マスコミの影響も多分にあるだろうけど。
情報操作やら証拠隠蔽なんてザラじゃん。

拉致問題、末端ながら限度はあるにしても自分のできる
範囲で応援してるよ、あくまで人間としてね。
この話はね、あまりにも深すぎて簡単には話しきれない。
今日はさわりだけ。

親御さんの気持ち考えると・・・ほんと辛いよ。

じゃまた。
[ TB*1 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/14(月)   CATEGORY: 介護
介護から見えてくること。
介護問題って難しいよね。

贅沢は敵だ!とか言われた時代を過ごした年代。
食うや食わずどころか、命からがらで生き延びた悲惨な戦争体験を
持つ世代。

極端にいえばさ、日本の土台を築いてきた年代が介護される側に
廻りつつあるわけでしょ。
当然頑強な自信もあるだろうし、ある意味我儘でもあるだろうし。
そういう世代を相手にするのって大変だと思うよ。

悪口じゃないんだ、そこんとこ誤解の無いように言っとくけど。

苦労してる分、我慢してきた分、弾けると歯止めの利かない我儘に
なっちゃったりとかね。
自分で訳わかんないこと言ってるなって自覚していても、どうしても
止まらないとかさ。
そんな意地やプライドを持った人達を潰しちゃいけないと思うんだ。
だって自分たちより目上じゃん?

今のこのぬるま湯みたいな世の中で、自分のことばっかり考える
人間の多い中で、本当の介護なんてできるんだろうかと疑問。

ん?私?

老人介護の経験は無いんだ、でもかなり若いうちから病人介護は
してきてる。
初めての下の世話、13歳だったかな。
それからずっとだから病人介護にはちょっとばかり自信ありかな。

そこで理解したこと、問題は気持ち。
ただ世話をするだけだったら専門の人で済むわけよ。
大事なのは病人の心と気持ちをどうやって理解するかなの。

例えばプライドなんかが邪魔して口に出せない望みとかをいかに
読み取ることができるか?なんだよね。

病気とかすると心が弱くなるし、今まで健康という自信で隠して
きたというか、本人も自覚していなかったような性格が出てきたり
して、まわりはびっくりしちゃったりとかね。
でもそこで遠巻きにしちゃうと・・アウト。

介護される方もする方もどんどん誤解という壁を積み上げちゃって
両方とも孤独になっちゃうんだ、何で解ってくれないの?って。

だから簡単に介護とか言いたくないんだ。
勿論素晴らしい信念のもとに立派に介護のできる人もいるよ。
でもそれってほんの一握りの話だと思う。
だって自分を含めて身内の問題になったら想像以上に重いよ。

要は順番なんだよね。
いずれ自分も介護される側になる時がくる。
見せ掛けの優しさや言葉はいらないんだ。

偉そうなことを言っちゃったけどね、親を亡くして気が付いたこと、
後悔したことがいっぱいありすぎてね。
だからこそじっくり考えていこうと思ってるんだ、介護の奥の奥。

自分がされてイヤな事は人だってイヤなんだよ。
こんな簡単なことが実はとっても難しいんだ。
修行だ修行!

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/13(日)   CATEGORY: 化粧
目のやり場に困るとき。
古いって言われちゃえばそれまでだけどさ。

最近電車の中で化粧してるコってやたらいっぱいいるよね。
朝の満員電車のど真中で両足を踏ん張って化粧を始める高校生とか。
スッピンで飛乗って、ぺったり座り込んでバッチリ化粧するOLとか。
ず~っと手鏡を見つめ続けていろんな角度で表情を作ってるコとか。

ダメなんだ、アレ。

目のやり場に困る、でもつい見ちゃう、もうやめてよ~って感じ。
化粧を直すんじゃなくて、一から顔を作るのってどうよ。
完全に自分の世界に入り込んでる・・・
まあそれはいいとしても。

使用前使用後をジロジロ人に見られて(見せて)平気?
化粧する前こんなカオ、化粧したならあんなカオ。

あ、そか。
知らないヤツならいいのか。
・・・ふう。

女のコの恥じらい、無いのかぁ?
ちょっとでいいから残しといてよ・・・そんな感じ。

さ、化粧して出かけてこよ。

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/12(土)   CATEGORY: いろいろ
まだまだこれから。
今日はね、初めましてのご挨拶なんだな。

最初から飛ばさないもんね、おとなしくおとなしく。
だって息切れしたくないじゃん。

突然だけどちょっとばかり力を抜きたい時ってあるでしょ。
今がまさにそんな感じ、うーん頑張りすぎたかなって。
肩肘張って頑張ったってなるようにしかならないかもしれないけど。

でも運命だとかいって諦めるのはぜ~ったいにイヤだし。
結局はもがくのよ、死に物狂いでジタバタと。

何だかんだ言ったって土壇場、修羅場は越えるものだよね。
何とか越えたら今までの何倍もの自信が付くじゃない?

追い詰められるとムクムクとパワーの湧いてくる私ってヘンかな?
何かのきっかけがあれば運命って変えられそうじゃない?

あははっ、まあいいって。

・・・おとなしいっていうより、何ともとりとめの無いご挨拶だな。
次からはテーマを置くからよろしくね。

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。