女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/10/04(水)   CATEGORY: 健康管理
腰部内蔵式爆弾起動の危機。
女将の勤務先は東京の千代田区。

朝の千代田線ってかなりの混雑。
急ぐ人に体当たりされたり、下り階段で押されたりなんてザラ。
気をつけないとホーム転落の危険性だってある。

私の通勤時間、けっこう長いのね。

家のドアから会社の部屋までで、おおよそ1時間30分。
片道だけでも座れればいいけど、まずそれは期待できないし
途中から座れればラッキー。

まあそれも納得しての勤務だから、我慢もするし諦めてもいるし。

だけどね。
持病(?)のギックリ腰が出たらアウト。
立ってられないし、ましてや電車の揺れや振動には耐えられない。
もう完全に悶絶、だから。
痛すぎて声も出ないし、涙と鼻水の世界(苦笑)。

何度も繰り返してるから、無意識のうちにもいつもヒヤヒヤしてる。
今じゃあの痛さは、恐怖に近いかも。
完全にヘルニア予備軍、困ったモンだわ。

それでもズッキーン!とか予兆がある時はまだいい。
ギックリ腰は突然くるのが殆どだから、本当に厄介なのよ。
こんなのと一生付き合うなんて気が遠くなりそう。


今朝出勤間際に、ん?という痛みが背筋から腰に向けて走ってね。

  ヤバイ!これは・・・予兆か?

今日は少し早めに家を出る予定だったけど、様子を見ることに。

歩くと鈍痛・・立っても座っても鈍痛・・うわぁ・・
ギックリの激痛に襲われる可能性は半々、かも。

何度も繰り返しているからこそわかるっていうか、程度が予想できる。
これってあまり嬉しいことじゃないけど、電車の中で歩けなくなったり
横断歩道の真中で動けなくなったりするよりはマシ。
外でギックリになったらさ、絶対救急車に乗せられちゃうし。

悩んだ末に申し訳ないと思いつつ、会社に休みの連絡。
どっちに転がるか判らない鈍痛・・こうなったら覚悟を決めて安静に
するしかない。

腰に時限爆弾。

そんな物騒なモノを内蔵したみたいな状態で電車に乗るなんて無謀。
さすがの女将も恐ろしくって撤収。
根性はかなりあるつもりだけど、こればっかりはダメ。

さて、湿布を取り替えて薬を飲んで・・っと。
ほんと、情けない・・(涙)

じゃまた。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2006/08/11(金)   CATEGORY: 健康管理
まさかまさかのドクターストップ?!
もう何度もしつこいくらい書いてきたんだけど、
マジ暑い・・・倒れそう・・・もう勘弁して欲しい。

そんな酷暑に立ち向かうだけの根性も無いし、絶対
勝てないのも解ってるから、ひたすら耐えるしかない。

もちろん家は24時間エアコンフル稼働。
問題は通勤、外にいる時間ね。
でも仕事を持ってる以上、大した仕事じゃないかもだけど
それなりに責任はあって、やっぱりそう簡単に休むなんて
出来ないわけよ。

最近ほんとに愕然とするほど体力落ちてるんだよね。
暑さで参った身体が体力回復する前に次の朝がくる感じ。

少しでも体力を残しておきたくて、駅までタクシーで
行く事もしょっちゅう。
でも大した収入でもないしさ、何て贅沢!とか言われそうだし
自分でも思ったりするけど、やっぱりそういう問題じゃない。

で。
やっぱりというか、とうとうきたのね、熱中症&脱水症




     ★ダウンのため続きは後ほど・・・・










CO*0 ] page top
DATE: 2006/07/14(金)   CATEGORY: 健康管理
痛さの程度・・陣痛=ギックリ腰かな。
暑い暑い。

エアコンの室外機から出る熱風、アスファルトとビルの
照り返しやらなにやら。
息をしている実感も無いし、もう言葉も出ないくらい。
まるでサウナか湯気たっぷりの風呂場を歩いてるような。

こんなに暑いのってこの4,5年?
夕方になるとちょっとだけ涼しい風が吹いてみたり・・
なんてもう遥か昔の記憶。

女将にはギックリ腰なんていう冴えない持病(?)がある。
完治はないし、もう何年付き合ってるんだろ。

元々は労災。
事務職でも、保険会社なんてモンは紙をたっぷり使うから
力仕事も多くてね。
台車に乗ったずっしり重い箱。
ワッセワッセと下ろしていたら、腰に激痛、動けなくなった。

それから1年に1回ペース。
それがこの何年かは2回・・もうサイテー。
予測不能、突然爆発してくれる。

別に重いものを運んだからとかじゃなくて、例えば冷蔵庫の
扉を開けた瞬間、洗濯機の底に手を伸ばした瞬間、本棚から
本を取ろうとした瞬間。

ある程度の予想がつけば、用心も覚悟もするんだけどさ。
不発弾が何かの拍子に爆発するような、そんな感じ。
普段の腰痛とはワケが違う。

まず歩けない、足が前に出ない。
立っていたら座れないし、座ったら立てない。
横になっても眠れない。
ちょっとでも動けば、腰から激痛が頭と足に向けて走る。
こんなのが大体1週間、徐々によくなるのを待つ。
飲み薬とシップ、頑丈なコルセットでガチガチに締める。
もう勘弁してよって感じ。

それがこの暑い中、昨日、よりにもよって勤務先で発症・・・
ちょうど忙しい日で早退も出来ず、何とか業務を終えて、
もう、息も絶え絶えで帰宅。

駅の階段は地獄。
電車の振動、タクシーの揺れは拷問。
全てが腰に響いてさ、もう痛すぎて声も出ない。
出るのは涙と鼻水だけ。

それでもね、まだ亀歩きでも先に進めただけでマシ。
ひどい時は救急車⇒担架のお世話にならざるをえない。

この痛みはねぇ、ホント、なってみて初めてわかるって
いうか、まあどんなに気丈な奴でも泣きが入ると思うわ。
痛みの程度を喩えれば、うーん、出産間際の陣痛並み?

よく女は出産を経験すると、恐いモンは無くなるとか言う。
まあ実際あの痛みもかなりのモンだけど、オトコには絶対
理解できないよね。

でもただの腰痛じゃなくて、本物のギックリ腰を経験した
オトコの方、腰と子宮で場所こそ違うけど、その痛みは
陣痛級なのよ、ついでに理解してくれる?(笑)

女将の中での痛みの程度は陣痛=ギックリ腰だもんね。

椎間板ヘルニア。
もうここまでくるともう手術なんていう外科的処置しか
ないらしいんだけどさ。
医者は完治するとはいえないから、無理して身体にメスを
入れずに上手に付き合っていきましょうなんて言う。

昔どうしても仕事を休めない時は、オシリを出して
尾底骨の隙間から注射してもらって何とか頑張ったけど、
あれってモルヒネ?麻酔薬?

ちょっと前に人気者の有名な司会者サンが腰の手術して
完治したけど、成功してよかったなって心から思う。
手術するまでの彼の痛みを想像すると気が遠くなりそう。
あそこまで耐え切って頑張れる人ってすごいよ。
実際はどんな人かなんで知らないけど、やっぱり根性が
違うんだろうな。

さあ、シップ取り替えなくちゃ。


今日は最愛の子供の誕生日だっていうのに、母はこの有様。
動かなくていいよ、ゆっくり寝てちゃんと治してね、なんて
言われると辛い・・
3連休だっていうのに何処にも行けない・・ごめんね。

特に目立つコじゃないけど、その優しさに感謝。
元気に、まっすぐに育ってくれて母は嬉しいよ。
生まれてくれてありがとう、そして誕生日おめでとう!


じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/06/09(金)   CATEGORY: 健康管理
ウィークポイント把握してる?
朝からショボショボ雨が降ってる・・かなり肌寒いね。
五月晴れも少なかったし、もう梅雨かあ・・

勤務先で風邪が流行っていて一巡り。
職員は順番にダウンの様相。
私は大丈夫!って思ってたのにとうとう来たか。

確かに週初めから喉は痛かったけど、気合だ~!で
乗り切れると思ってたのにさ。
一昨日から発熱、今日は高熱バリバリ、ちょっとハイかも。
38度くらいまでなら会社だって休んだ事無いんだけどさ。
さすがにそれをはるかに超えるとアウトだな。
・・・これって自己管理の問題か?!

うおっ!
後ろで家族の怒声が(笑)。

「ダウンしてるくせにPCなんか開けるなあ!
 あったかくして寝てろ~!」

ヘイヘイヘイ。

確かにね。
立てばフラフラ、座ればゴロン、歩く姿は枯れススキ・・

ゲホゲホ!ハックション!ビー!(鼻かむ音)
・・・ああ、色気も何もあったモンじゃないわ、サイテー。

扁桃腺持ちの辛いトコロは、すぐ高熱が出ること。
ちっちゃい時なんか、あっと言う間に40度超え。
肺炎やら気管支炎やら親はよく徹夜の看病したみたい。

大人になって取ろうと思った扁桃腺。
さすがにいつまでも高熱ばかりじゃマズイ!・・と
勇気を出して某都立病院の耳鼻咽喉科受診。

そしたらさ。
 「全身麻酔での手術で、大人は出血がかなりあります。
  麻酔が切れたあとははかなりの痛みがありますので
  覚悟(!)しておいてください。
  2週間の入院ですので、予約を取っていって下さい。」

まあかなり昔のことだから、今はもっとラクな手術に
なってるかもしれないけど、当時は仰天、引きまくり。

その時の頭の中はこんな感じ。
 「緊急入院ならともかくも、温存しといてもいいモンを
  そんな無理して取る事も無いかも・・やだやだ!止めよっ」
  
ま、要はビビッたのよね、私。
だって「出血量は洗面器一杯」なんて聞いたら怖いじゃん?
そんな経緯があって、後生大事に今も持ったまま。
時々起き出すコイツをなだめすかしながら今日に至ってるわけ。


で、何が言いたいかっていうと。

誰でもウィークポイントっていうか、どこかしらに弱い部分ってあるよね?

内臓は丈夫だけど、怪我や骨折しやすいとか。
ストレスですぐ胃が痛くなっちゃうとか下痢しちゃうとか。
嫌なことがあると頭がガンガン痛くなっちゃうとか。
緊張しやすくて人前に出ると赤面やらしゃっくりやら、とか。

他人から見たら、全然大した事じゃないかもしれない。
でもその本人にしてみたらこの世の終りくらいに切羽詰ってたり。
本人がどんなに辛いかなんて、こればかりはわからないしね。
でも周りも気付く努力はしなくちゃいけないと思うんだ。
何気ない言葉や態度が他人を追い詰めちゃうこともあるし、
その逆の場合も然り。

ただその弱点も体質的なものだと、やっぱり完全に治すとか
克服するのは難しい。
いかに上手に付き合っていくか、向き合っていくかが大事なんだよね。


敢えて自分を痛めつけて鍛えることも出来る。
その弱点を起さないように遠回りすることも出来る。

でも逃げはダメ。
逃げ切れるわけじゃないし、いつかは自分で折り合いを
付けなくちゃいけない。
あとさ。
他人が自分を解ってくれない、弱点に気付いてくれないなんて
恨むのはもってのほか。
論外もいいとこ、カッコ悪さの極致だからね。


あとね。
最初から自分の弱点をさらけ出すって手もある。

まあかなり勇気はいるかもだけど、実は私がこのタイプ。
ただでさえ身体的なコンプレックスありまくりのトコに、
最近は頭脳的にもしっかり衰えが出てきてるみたい。

度胸と気まぐれがウリの女将だって恥ずかしいってば。
カオから火が出そうになったりもするモンね。
穴掘って世界の反対側に行っちゃいたい!とか思ったりね。

かといってそれを無理して隠すのって、もっと疲れるじゃん。
思い切って口にしてしまえば何のことはなく。

  「なぁんだ、そんなこと気にしてたの?」
  「大したことないじゃん」

他人の反応なんてこんなモン。
あっけないくらいが大半よ。


誰でも大なり小なり抱えてるであろう弱点。
弱点の無い人間なんていないんだし、もしいたとしたら
話の種にお目にかかってみたいよね。

気楽にいこうよ、自分の人生なんだから。

じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/20(土)   CATEGORY: 健康管理
心身疲労はポイッとね。
すごく待ち遠しかったこの土日。

伯父の葬儀やら何やらで多忙を極めた今週。
火曜・水曜の葬儀、でもその前後の勤務は休めないしで
考えてみれば久しぶりに心身ともに疲労困憊

精神的に疲れたり、身体的にくたびれ果てたり。
いつもどっちかをしょってるような気もするけど、
最近頻繁だった体調不良は身体的な疲労ばかりを増幅。
ま、この土日はしっかり休まなくちゃ・・とは思っても
またきっと積もり積もった雑用と家事に追われる予感(涙)。

元々があんまり悩んだり鬱になったりしない性分。
これ、たぶん前にも書いてると思うけど。
とにかくグズグズ考えて悩むのは苦手、っていうか嫌い。
悩んで苦しんでもがいて、その先に光が見えるならいいけど
そうじゃなかったら疲れるだけだし、時間の無駄。

どうにもならないことは潔く諦めるかさっさと捨てるか。
そこで踏ん張るのはかなりキツイけど、踏ん張りきれれば
不思議なことにまた別の道が開けるってモンよ。

八方ふさがりに思えたって、絶対どこかに道はある。
本当に道が無くたって、見方や考え方の角度をちょっとだけ
変えてみれば、死角になって見えなかった抜け道が見えたりね。

一箇所で足踏みしてたり丸まってるだけなんてダメダメ。
進歩なさすぎ。
それこそ干からびてミイラになっちゃうって。

4月5月って環境の激変で心身ともにおかしくなりやすいからさ。
こりゃヤバイなって思ったら、大の字に寝て目を閉じて深呼吸
新人諸君(いや旧人も)、力を抜くことも必要なんだからね。


そんなこと言ってる私にもそれなりに悩みの種はある。
ただその種は芽を出してはいるけど、心の中に根付いては
いないし、根付かせるつもりは絶対無いんだよね。
根付いたらそれこそいつも悩んでなくちゃならないじゃん。
何とかしなくちゃで只今明るく模索中。

その種の中味?
何を隠そう何年か前に再婚した我が配偶者。
悪いヤツじゃないけどダメなヤツ。
やっぱり合わないんだろうな、根本的に。
言い方変えれば私に男を見る目が無かったってことサ。

今時珍しい5人兄弟でもまれて育った男。
一人娘で競争とは無縁で育った女。

育った環境が違うとこんなにも・・の典型かもね。

ま、ヤツの話は次回にでも書くわ。
自分のバカさ加減にほとほと愛想が尽きかけてる。
相手のバカさ加減にも呆れ果ててる。

う~ん、次のテーマにちょうどいいかも(苦笑)。

じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/12/17(土)   CATEGORY: 健康管理
生活習慣病まっしぐら。ヤバ過ぎ。
毎日寒いね、さすが日本の冬。

ちょっと体調不良だったりしたもんだから、この間病院に行ったのね。
インフルエンザの予防注射なんて今までしたことなかったんだけど、
まあピチピチと若い訳じゃ無いし、もし罹ったら回復遅いだろうから
ちょっと打っとこうか、なんて。

それはいいのよ、メンドクサイ問診票とチクッとするだけだしさ。
問題はそんなことじゃなくてね。

最近頭痛がひどかったり、めまいがあったりとかで気にはなってた。
でも普段は元気だし、疲れ気味かな?くらいにしか思ってなくてね。
あと急激な肥満ね、食べる量なんて殆ど変わってないのにさ。

かかりつけの医院だから、ついでに血液検査でもしとこうかって
言われて軽い気持ちで採血したんだけど。
すぐ結果が出た・・・でもこれが予想外、想定外でマジでヤバかった。

なんじゃこりゃー???
・・・思わず吠えたわよ。

・総コレステロール・216(基準値130~219)
・中性脂肪・350(基準値30~149)
・血糖値・109(基準値70~109)

中性脂肪、普通の人の何倍よ?
コレステロールも血糖も境界ギリギリじゃん。
もうさすがの女将もクラクラしちゃったわよ。
オマケに肝臓のGOTとGPTまで基準値ギリギリときたモンだ。

先生曰く。
「このまま行ったら倒れるよ」
ガーン・・・はいはい、おっしゃる通りです。

太りだしたのは5年くらい前なんだよね。
勢いがついたのがこの1、2年。
考えてみたらこの5年で10キロも増えてる。
服のサイズも7から11で2サイズアップ、尋常じゃないわな。

太る前って中性脂肪やらコレステロールなんて低すぎるくらいで
貧血に低血圧までくっついて病弱なイメージまであったはず・・・・
・・・ヤバイ、ヤバ過ぎる。

それが今じゃ何よ、逞しい腕、立派な胸に腰と・・・。
もう生活習慣病まっしぐら。
こんなんで流行先取りしたくないって。

確かに運動はしない、不規則な生活にヘビースモーカー。
女将を名乗って酒好きでも実際は弱いからさ・・普段の生活には
組み込まれてないからこれだけは我慢不要ね。

脂っこいものが好きで甘いモノが好き、なんて若者時代のままの
食生活はやっぱりダメなんだと思い切り悟ったというか。

食生活改善と・・・覚悟を決めて痩せるか。
もうそれしかないのが悲しいけどさ、まだチョイ死ぬには早いわ。
これで死んだら彷徨っちゃうよ。

ま、健康を取り戻してスタイルも元に戻って、そんでもっていい女(笑)。

健康管理ってやっぱり必要なんだよね。
若いからって油断は禁物、自分の身体は自分で守る、OK?
ねえそこのアナタ、大丈夫ですか?(笑)

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。