女将雑念雑記帳
本音で生きる語る考える。ちょっと辛口、雑念たっぷり、気まぐれな独り言満載。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/25(月)   CATEGORY: 趣味
車⇒自転車⇒原付バイクまでの軌跡。
原付バイクを買う。
今日見に行った店で決めてきたから、来週には手元に来る。

生まれてから一度だけ、ほんの30メートルばかりかな・・
トロトロと走らせてみたことがある。
もちろん借りて、ね。
それも20代前半のことだから、一体もういつの話よ(苦笑)。
走った記憶はあるけど、実感なんて何にも残ってないくらい。

車の免許は24歳で取ったけど、今じゃ遅すぎるくらいだよね。
でも驚くなかれ、自転車にまともに乗ったのはもっとあとで
何と26歳(!)なんだってば。

運動神経の鈍い子どもだったし、親は超の付くほどの過保護。
とにかく自転車なるモンに乗ったのははるか昔の子どもの頃だけ。
それも「自宅庭限定」で補助輪付き。
「おまえには無理」そう刷り込まれて育ったたせいか、乗りたいとも
思わなかったんだよね、自転車って。


子どもが産まれて、必要にせまられて乗り出した自転車。
まず乗れないだろうな、大人用の三輪車(爆)にしようかな、
なんて真剣に考えた。

自転車店で買ったはいいけど、乗れないから広い公園まで押して。
店のオジサンは不思議そうに「何で乗ってかないの?」って。
「乗れないからこれから練習するの。もし乗れるようだったら
帰りに子供用の椅子を買いにきます!」

意外にも一度も転ばずにあっさり乗れて、もっと早く乗れば
よかったなと思ったっけ。


そんな自分がまさか今さら原付バイクに乗ってみようなんてさ。
それも見に行った店で即決。
同行した家族はもう目をシロクロ。

うわ、、アクセル右手?
私ギッチョなんだけどな。
左手にアクセルなんていうのは無いの?


こんなこと真顔で店長に言って笑われてさ。
それでも興味が先走ってたから、まあ何とかなるだろ、みたいな感じ。

だけど家族ときたら・・もう言いたい放題。

本当に乗るの?
やめとけ危ない!
似合わないよ?
何を今さら。

何とでも言え!
好奇心を失ったらオシマイよ?
チャレンジ精神も必要よ?
楽しみが増えるのはいいことよ?

興味がわいたら何でもやってみる。
合わなかったらやめればいい。

ずっとこうやって生きてきたんだもん。
いいじゃん、ほっといてよ。
何とかなるでしょ、練習するし。


・・・でもほんとはちょっと心配なんだけどね(笑)。


じゃまた。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2006/08/21(月)   CATEGORY: 趣味
文字と本と読み方と。
熱中症に脱水症。
中途半端で終わらせた前回のブログ。
ちょっと休んで続きを書くつもりだったけど、
治っちゃったら何か今さらの感じでマヌケっぽいや。

だから続きは書かない、や~めた。
 ⇒相変わらずいいかげんな女将(笑)。

つきまとうだるさは頂けないんだけど。
でもこれもそのうち治るでしょ。
まあいっか、じっと我慢だ、秋は来る。


そういえば読書の秋なんていうけれど、絶対通年だよね。

いつも本が側にあるんだ。
通勤電車の中、煮物を作って待つ間、寝る前のひととき枕元。
文字が無いと何か落ち着かないのね、昔から。

ただその読み方が問題ありなんだな。
実は同じ本の続きを読んでいるわけじゃなくて。
その場その場で違う本を並行して読んでる。
今は3ヶ所、3冊なのね。
自分でもヘンかな?とは思うんだけどさ。

読みたい本がいつも複数ある。
でも時間は限られてて、さあどうする?
いいや、同時に読んじゃえば。

ただそれだけのこと。
時々内容がゴッチャになるのが難点だけど、慣れて
しまえば結構楽しい、お試しあれ。


学生の時は学校の図書館に入り浸りでね。
借りまくって、狂ったように読みまくって、マジでほんとに
よく読んだわ。

流れで当然図書委員だよね、本好きだとかなりの割合じゃない?
まあそれはそれでいいんだけどさ。

問題はあんまり本ばかり抱えて歩いてるもんだから、高学年は
委員長なんかにされちゃうんだよ、困ったことに。
あれはもう本気で泣きたいほどイヤだったなあ。

委員長って委員会とか朝礼でお願いとか、とにかく余分な
用事・・イヤでも何でも・・が多いじゃない?
大体、人前で話すこと自体が苦痛以外の何物でもないくらい
当時はシャイ(爆笑)だったから。

もう拷問、心臓バクバク、トラウマ寸前よ。

自分の世界に篭って、ただただ本を読みたいだけなのに。
何でよ~?って内心憤ってたけど、結局言えなかった(苦笑)。

ま、そんな子どもも今は人前で平気で話せる大人になったとさ。



あれ?
うぅ・・・今日書きたかったことから大幅にずれてる・・
タイトル変更しなくちゃだわ。

・・まあいっか、ズレた話は次に書こ。


じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/13(土)   CATEGORY: 趣味
食器洗い機への抵抗。
もしかしてもう梅雨?
雨ばっかりじゃいい加減やんなっちゃうぜぃ。
今は一応主婦もやってるし、週末も雨じゃ困る。
しゃーない、明日は洗っただけの大量の洗濯物、
コインランドリーの乾燥機に放り込むしかないか。
シーツやら綿毛布やらの大物最優先ってことでね。

私んちに乾燥機なんて洒落たモノは無い。
今の洗濯機が壊れたら、乾燥機付き斜めドラムを買おう!
そう決めてから随分経つんだけど、どういうわけか
洗濯機と冷蔵庫だけはいつも大当たりで超長持ち。

洗濯機君よ、頑張ってくれるのはありがたいけどさ、
モノをなかなか捨てられない世代に育てられた身としては
やっぱり元気に動く君を処分するなんてできないんだよなあ。

考えてみれば、もう電気製品無しの生活って出来ないなあ。
最近じゃ何気に使ってるパソコン。
家族それぞれが持ってるし、プリンターも然り。
そのプリンターだって4台目?
壊れたのもあるし、買い増しもあるしで今は複合機。
当然スキャナーは不要になっちゃってさ、誰か欲しい友人にでも
あげようと思ってる。

デジカメも2台目、これも壊れた訳じゃなくて買い増し。
ついでにデジカメ専用プリンターなんかも買っちゃって。
どこまでエスカレートするんだろ、ほんとに。

でも。
一つだけ絶対欲しくないモノがある。
くれるって言われても、たぶん要らないっていうモノ。
それって食器洗い機なんだけど。
ヘン?

お皿はピカピカになるしとか、まとめて洗えて便利とか
まあ、いいことは沢山聞こえてくるんだけどさ。
何か抵抗があるのよね。

朝は早いし帰りは遅いしのフルタイム。
楽したいとか、睡眠時間がもっと欲しいとか、食事作りに
手抜きしたいとか、いっつも思ってるのに何でだろうね。
家族は「ラクだからいい加減買えば?」なんていうけど
そう言われるとよけい必要無し!とか思う私って、
もしかしてこれってただの天邪鬼?

いやいや、そんなことはない(たぶん)。
そう、これはきっとこだわり(笑)。
うーん、何ていい響きなの。

家事はあんまり好きじゃないし、得意でもない。
でも汚れた食器、それをスポンジに洗剤ブクブクで
ピカピカにするのが好き。
鍋釜ゴシゴシも好き。

この作業で家事を実感してるのかも。
きっとそれだけのことなんだろうな、たぶんね。

電化良し。
便利な暮らし良し。
水面下で計画中の家の建て替え・・・現実になったら
オール電化の最後の障害、食器洗い機・・・

さてどうなる?
さてどうする?自分。

じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/02/19(日)   CATEGORY: 趣味
ブランド志向と没個性を憂うよ。
ブランド志向。

巷には溢れかえってるアレよ、アレ。
猫も杓子もみんな持ってるアレ。
誰でも何となく気になったり、好きだったりするブランドって
あるんじゃないかなと思う。

まあ全く無頓着・無関心っていう人もいるからさ、一概に
みんな好きだなんて言い切るわけにはいかないけどね。

それはファッション全般を手がける外国ブランドだったり、
服飾専門の国内の高級品を扱うブランドだったりね。

実際ミーハーな私にも大好きなブランドがあるし。
ただ、ブランド物だからって見境無く何でも良い訳じゃない。
もう四半世紀以上もこのブランド一筋!っていうのがあるから
それ以外の物は、それがどんなに高額なプレゼントであろうが
全く興味は無いし、欲しいとも思わないんだ。

今は子どもにもあるよね、ブランド志向。
親の負担も考えず・・っていうような目がテンになるような
高額商品の数々。
これを子供が欲しがるだけじゃなくて、親が率先して子どもに
着せたり持たせたり。

親のブランド志向が、とうとう子供にも降りてきたかって感じ。
携帯電話ひとつとっても、一巡したらもう次の商戦展開だもんね。
それに乗っちゃうのもどうかと思うけど、逆らいきれるかって
いうと難しかったりもする。

子供同士で持ち物や服を自慢しあったりなんて話もよく聞く。
っていうことは、こんなこともイジメや差別の源なんかに
なることもありうる訳でさ。

大人は見栄や自己満足の為だったりするけど、子供はどうかな。
自分で働いて買ったわけでもないのに、ブランド物を持ってるか
持ってないかで孤立するなんてたまらないよね。

これって我が身を振り返っても、ちょっとキツイなあ。
離婚して子供抱えて、生きるために、食べる為に、とにかく
必死に働いてた頃が今みたいな感じだったらと思うとゾッとする。

やっぱり収入の差や、子供の人数とかによっても違ってくる。
でも裕福だから贅沢かっていうと、そうとも言えないわけで、
生活費を削っても見栄を最優先にしてる家族もいたりする。

問題は子供は成長して劇的に体型変化することなんだよね。
大人が太ったり痩せたりとはレベルが違う。
あっという間に背が、手が、足が伸びる。
もちろんいい物を着せたい、似合う物を選んでやりたいって
いう親心はわかる。
それに子供はとにかく新陳代謝が盛ん。
とにかくいつも清潔な物を着せるのが基本だと思ってる私は、
どうしても子供服にだけは疑問が残っちゃうんだよね。

まあペットグッズやペット服なんかだって、目が飛び出そうに
なるほど高額だったりするんだから、こんな時代なんだなって
納得するしかないんだけどさ。

安かろう悪かろう。
よく言われることだけど、確かにいいモノはいい。
でも、高額だからいいっていう錯覚だけはしたくないよね。

高級・高額品に手を出してれば、自己満足とある程度の
安全は得られるかもしれない。
でも物の良し悪しを見分ける、見極める目だけは何とか
持ちたいもんだよね。

それとさ。
人間の欲望は果てしない。
だからこそうわべだけ高級、でも中味はカラッポ、スッカラカン
・・そんな人間にはならないようにしたいよね。
あくまで自己主張、個性の一つとしてのブランドが理想だけどね。
うーん、これもなかなか難しい。

取り込むか取り込まれるか。
飲み込むか飲み込まれるか。
人と流行に流されないだけのこだわりを持とうよ、ね。

じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/02/03(金)   CATEGORY: 趣味
多趣味悪趣味何でもありよ。
趣味の話をしちゃおうかな。

悩んでもどうしようも無いことってあるよね。
そういうのすっごく苦手。
疲れちゃうし、寝ても覚めても悩むなんて時間の無駄。
だからまあいっかってあっさり振り捨てることにしてる。

もちろん感情はあるし、やっぱり辛い時もあるけど、
かといってそんな辛い状況にどっぷりはまっちゃって
ああ、私って何て不幸なの~なんて、ばからしくって
やってられない。
それならさっさと気分を切り替えるに限る。

そんな時に役立つのが趣味かな。
よく無趣味だからとか、お金がかかるからとか言って
何にもしないでウダウダしてるだけのヤツもいるけどさ。
まあ何をしてようが、ドツボにはまって唸ってようが
そんなの本人の自由だから別にいいんだけどね。

たしかに新しい事を始めたり、何かに興味を持ってそれに
チャレンジするのって、それなりの覚悟もお金もいる。

でもさ。
どんなことでもやってみなくちゃわからないじゃん。
すごくやりたかったことが、実際は全然自分には向いて
なかったとか、合ってなかったとかね。
逆に最後の最後まで考えて始めてみたら、すごく楽しくて
もうやめられないなんてこともあったり。

何かに夢中になる、なれるってすごいことだよ。
勿論自分のためにもなるし、何より人生観が変わっちゃう
ことだってあるんだもん。
趣味が実益を兼ねるとか、職業になっちゃうことだって
あるもんね。

私は仕事にできるだけの趣味も無いし、そこまでの
才能には恵まれてないんだ、残念ながらね。
それに弱い部分もたっぷり持ってるし、挫けそうになる
ことだってしょっちゅうだし。

私にとっての趣味はね、一時的な現実逃避と手っ取り早い
気分転換の原動力。
これだけはちょっと恥ずかしいけど認めておかなくちゃね。

趣味と呼べるもののなかでも特に書道。
ありふれてるけど、これだけは一生ものだな。
雅号と師範免許なんかもあったりするんだけど、実際は
まだまだヘタクソ、ひどいモンよ。

いくら書いても最高の満足感なんて味わったこと無いし、
誰かに誉めてもらいたくて書いてるわけじゃないし。
完全に自己満足でしかないけど、自分の中のバランスを
取り戻すための処方箋だと思ってるんだ。

あとは読書。
極端かもしれないけど、文字だったら何でもいい。
マジで文字が無くちゃ生きていけないと思ってるから。
純文学でもコミックでもいい。
推理小説、SFや未来モノ、歴史小説、何でもオッケ。

そうそう、洋裁や編物、木工もやるよ。
木工なんてかなり本格的にやっちゃうもんね。
男に生まれてたら、真剣に大工になっちゃってたかもって
いうくらい好きだな。

何かここまでくるとね、仕事の合間っていうより、趣味の
合間に仕事をしてる気がしないこともないな。

つらつらと書いちゃったけどさ。
こんな感じでメチャクチャ忙しくしてるとね、もう嫌なことなんか
考えてる時間もヒマも無いワケ。
辛い苦しい悲しいなんて思ってるより、自分の好きな事に
没頭したほうが絶対幸せじゃない?

で。
今度は今流行りの株にも手を出してみようかと
思ってるわけ。
あ、もちろんネット限定ね。
手を出して合わなかったらさっさと止めるけどさ。
これがまた趣味の一つになるかどうかは疑問だけど。
でもちょっと面白そうじゃない?

ま、女将はきまぐれがウリだから。
また結果報告でもするわ、そのうち。

じゃまた。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/12/23(金)   CATEGORY: 趣味
占いは色々あるけれど。
占いってホントに沢山あるよね。
当たるも八卦、当たらぬも八卦。
インチキくさいのもあるし、妙に心惹かれるものもある。
派手過ぎる装丁と宣伝文句の仰々しすぎるのはハズレが多い。
これ、女将の常識。

久しぶりに本屋さんに行った。
最近縁が無かったから、久しぶりに血が騒いだわ。
しっかり7冊買ってウキウキ、単純だな。

忙しかったせいもある。
だってさ、行ったら選んでるだけで1時間はかかるもん。
立ち読み?しないよ。
売り物を汚すのは抵抗があってダメ。
興味が湧いたら目次くらいは確認するけどね。
読みたかったら買う。
これ、女将のポリシー(笑)。

そうそう、占いだけど。
姓名判断に四柱推命、血液型占いや星占い。
手相や干支、トランプ占いなんてのもあるよね。
一時爆発的に流行った動物占いや天中殺も。
占い本って時間潰しにはちょうどいいな。

占いは遊び。
こんなモノを人生の指標にする人ってあんまりいないと
思うけど(いるのかな?)さ。
例えば干支なんか、同学年が殆ど同じだよ?
それを言っちゃえば星占いだって同じ。

別に占いを否定してるわけじゃないよ。
読み物として見れば、結構楽しいもん。
でも絶対に同じ結果や性格なんて有り得ないから
信じ切るなんてことはしない。
占いは一つの娯楽、そう思って読むと楽しいよね。

アイツは何座で血液型は何だっけ。
あの子は確かB型だっけ、だから我が道を行ってるのか。
最近何をやってもダメだからもしかして?とかね。

告白しちゃう。
昔、星占い・ホロスコープにドップリはまったことがある。
生まれた時間や場所とかから細かく計算するっていう、何か
ものすごーく面倒なヤツ。
かなり真剣にやってて、他人に頼まれてホロスコープの割り出し
までやったりね。

でもある時きっぱりやめた。
だって占い師でもないのにさ、他人の誕生月とか星座とかが
聞かなくてもわかるようになっちゃったんだよ。
これは怖かった、大マジで。
なに夢中になってんの?アタシ。
みたいな感じで目が覚めたっていうか。

だから今は「あの子はO型の双子座なんだ、ふーん」とか
「アンタB型でしょ、だから●●よー」とか。
気の置けない友人との飲み会やつまんない集まりとかの
つなぎとかで遊んでるだけ。

何事もほどほどが一番。
占い頼みの人生なんてヘン。
あっちで運が開けるとか、ここにいたら悪い事が起きるとか。
あくまで気をつけよう、くらいにしとかなくちゃ。
あっちにフラフラ、こっちでフラフラなんて情けない。
しっかりしろよ!ってカンジ。

ま、実際運命ってあるのかもしれないし、避けられるかどうか
なんてのもわからないけど、最後に決めるのは自分自身だよ。
逆に運命に逆らったつもりでもさ、それがまた運命なのかも
しれないし。

唯一微笑ましいのはね、生まれてくる赤ちゃんの名前を
姓名判断の本なんかであれこれ考えてる夫婦、親の姿かな。
少しでもいい人生を、いい名前をって考えてる姿ね。
でも祖父母が孫の名前を押し付けてくるのはちょっとね。
良かれと思ってのことでもチョイ行き過ぎかと。

四面楚歌、煮詰まっちゃったらまず深呼吸。
自分を追い詰めない、追い込まないこと。
ゆっくりお風呂、おいしいご飯、たっぷり眠ってリラックス。
一息ついたら気分を変えて占いでも。
そんな感じでいいんじゃない?

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/12/13(火)   CATEGORY: 趣味
偏った趣味も個性よね。
趣味ってどこまでを言うんだろうね。

好きなものを集めたらそれは趣味?
好きなことをしていたらそれも趣味?
何となく続けてることや習い事も?

そうやって考えると随分偏ってるような気がするけど・・
まあいいか。

物心ついた時からいつも側に本があったのよ。
玩具より本、服より本、遊園地より本。
とにかく欲しい物は本、他は何にもいらない。
親に可愛げのない子どもだったってよく言われたっけ。

だからかな、小学校入った時にはかなりの漢字とひらがなに
カタカナ、ローマ字まではOKOK。
世界文学全集とか10歳には読み終わってた。
恋愛モノとかはよく解らなかったけど、ませてたからね。
4年生の時の読書感想文がさ、「風と共に去りぬ」。
原稿用紙30枚、先生にちゃんと自分で書いたのかって
疑われたっけ。

あ、別に勉強好きなわけじゃないから誤解は無しね。
運動が苦手でついつい本に走ってたらそうなった。
運動、特に体育の授業は地獄・・今でもトラウマよ。
運動会の前の日はマジで熱出して下痢してたもんね。

読書、本はもう趣味っていうより生命線そのものかも。
文字無しでは生きられないな、たぶん。
文字なら純文でもコミックでも何でもいいんだけどね。
だからありきたりだけど、読書は別格の一番。

ん~、で、偏った音楽が二番かな。
ピアノは習った、軽い編曲くらいならOKOK。
三味線も少々、これで歌謡曲シャンシャンもOKOK。
でも趣味じゃないな、これ。
だって演奏より聴く方が好きだから。

お気に入りの音楽?あるあるある。
今だから言える、みたいな気もするけど。
とにかくずっと好きなのはクイーンとオフコース、
あと大橋純子に楠木勇有行の4人(組)。
すっごいベタかもだけど、もうン十年もファンよ。
一度気にいったら絶対変わらないんだ。
いいモノはいいから。

最近妙にクイーンの音を耳にする。
でもまだボーカルのフレディが生きていた頃に
ファンだなんて言おうもんならへ~とかふ~んとか
微妙な反応する人が多かったんだよね。
コンサートに行くなんていったら目をむかれたっけ。
本人がいなくなってからこんなに話題になるとはね。
まあいいけどさ。

オフコースはもちろん小田さんのいたトコ。
鈴木さんとの2人組からバックの3人が加わって5人。
そのあと解散して寂しかったっけ。
でも小田さんはバリバリの現役だからまだファンよ。
頑張ってもらわなきゃ。

大橋純子は大ヒットも出してるから結構メジャー?
大学祭とかライブハウスにも出てた頃からずっと好き。
この人はナマで本領発揮するタイプ。
勿論歌唱力はピカイチだけど、あの小さな身体から出る
ものすごい声と音域に圧倒されまくるのが最高、倒れそう。
この人の歌で音楽観、完全に変わっちゃったもん。

最後に楠木勇有行。
楠木さんから大橋純子は絶対いいから聴いてごらんって
勧められたんだっけ。
彼は知る人ぞ知る実力派。
この人もすごいんだ、でも玄人受けするタイプかな。
たぶんね、名前を知らなくても声を聞けば判るはず。
CMとかドラマのバックとかで散々声は流れてたから。
最近はスマップのアルバムにに楽曲提供したみたいね。
このまま埋もれちゃうのはあまりにも惜しいんだよね、
頑張ってよ~楠木さん!

あとね、趣味って言えるのかどうかわかんないけど。
この何年かハマってるのが稲川淳二。
本にDVDは勿論、夏恒例の怪談ライブも常連よ。
ファンクラブまで入っちゃったもんね。
これはね、霊体験とか霊感とかでまた別に書きたいんだ。
一回じゃ書けない、怖すぎて。

考えると沢山出てくるね。
長くなっちゃったからまた今度。
次は霊感と女らしい(笑)趣味でいっちゃうかな。

じゃまた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 女将雑念雑記帳. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。